FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にTVを見てたら派手なアロハを着た谷啓が出ていた。歳はおいくつになるのだろう。でもとても似合っていた。お年をめしても派手な物が似合う方と似合わない方がいる。同じクレージーキャッツでもハナ肇は派手な服は合わないけど、植木等はとても似合う。
家猫を思いだした。何を着せても似合う猫と似合わない猫がいる。前にも書いたが、もう死んじゃったどちらも20歳!の爺さん猫の一匹(わかめちゃん)はどんな柄の服でも首輪でも似合った。が、もう一匹の黒猫(クック)は何を着せても不思議と似合わないのだ。
クックがブスな訳ではない。なんか変なのだ。その差は何なんだろう。人間ならまだしも、猫でもあか抜けてるということがあるのか。
誰にでも可愛がれる猫がいる。以前事務所で飼っていたチャチャという猫である。人懐っこく物怖じしないオス猫。「お早うございます」と入室しながら早くもチャチャを探すスタッフ、よその猫がチャチャのベッド(といっても単なる座布団)をとったと目を三角にして怒った平野勝之監督。ウチで制作する作品にもよく出演してもらった。(もちろんペットしてですよ。)みんなに愛されていた。事務所の引っ越しで猫を飼う事ができなくなり、実家に引き取ってもらうことになった。大勢の人間が出入りする事務所から、爺さん婆さん二人が住む家に。事務所ではみんなが帰宅して一人になってしまう毎日。毎朝、事務所のドアの前で待ちかねたように鳴くチャチャの声が外から聞こえていた。実家は常に誰かいるからチャチャにとっては落ち着いた生活だった。父が病気で寝込むと一番の友人になったチャチャ。父の枕元でよく毛繕いをしていた。親父の辞世の言葉が「ねこは(どこにいるの)?」だった。おじいちゃんになったチャチャもいまだ健在。先日、チャチャは最後になるだろう引っ越しをした。実家の引っ越しだった。(続く)
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。