FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は東京生まれである。地主から退去を言い渡され、実家の母はマンション住まいになることになった。私が生まれた年にできた家である。木造の家で隙間もでき、家の中では息も白くなる程寒い。もう46年たち、すっかりボロ屋である。ちょうどいい時期だった。母は結婚以来の引っ越しになる。
私は実家を出て別宅に妻と住んでいるが、実家には自分の部屋もあり、置いて来た物の整理をしなくてはならなくなった。いろんな物が出て来た。アルバム、小学生の頃に集めていた蒸気機関車の写真や切手(どちらも当時流行っていた)、映画のチラシ、大学の映画研究会で作った8mm映画、GOROとかグラビア雑誌。これらは捨てられない。捨てたのは電車の模型(エッチョーゲージと呼ばれていた)、学研の科学の付録、大学の教科書、思い出にならなかった本などなど。
引っ越しが終わり何もなくなった家をビデオカメラで撮りにいった。風景ってすぐに忘れてしまうでしょう。毎日通っていても忘れてしまう、あれは何なんだろうね。
撮影したのは作品のためではなく、親戚や家族が集まった時にみんなに見せてあげるため。編集してそれぞれに想いでを分かちあってもらおうと思って。
感慨なんかないと思っていた。生まれ育った家は好きではなかった。しかし鍵を閉めて見上げると感慨が出てきた。よくここまで頑張ってくれた。一度も壊れることなく、風雨から家族を守ってくれたと感謝の気持ちが沸き上がった。家を建てた父にも、それを守り続けた母にも、それを実際に建ててくれた大工にも自然と感謝の気持ちになったのでした。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。