FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AV監督になって20数年経ちます。こんなに長く続くと思っていませんでした。
自分がAVに向いているかどうかは今でもわかりませんが、どうして監督になったのでしょうか。

1980年代前半、わたしは大学生でした。
映像の仕事につこうと思っていたので、大学の映画研究会に入って自主映画を作っていました。映画は監督で見るようになっていました。好きな監督は古いところでは溝口健二・黒沢明・熊井啓・大島渚。作っていた自主映画は社会派を気取ったもので、いま思い出すと、頭でっかちでまったく人間が描かれておらず最悪のものです。
映画資金を捻出するためストリップの照明係やキャバレーのボーイのアルバイトをしていました。当時、日活のロマンポルノの若手監督作品をよく見ていたこともあり、裸や風俗産業に免疫があったのかもしれません。あるいはそういう仕事が好きだったのかもしれない。

大学在学中、いろんな映像の仕事を試してみました。助監督のアルバイトです。その中からAVに決めました。自主映画で映画作劇の才能の無さがよくわかりましたし、AVはなによりおもしろかった。ドキュメントの楽しさを知ったのです。

AV監督になったからといって女を知って撮っていたわけではありません。逆に女のことなどわかりませんでした。最初は思い入れだけで撮っていました。女の気持ちなど無視して自分が考えるスケベを撮っておりました。いま考えると女への復讐をしていたのかもしれません。
いつしか撮り方も変わり、女の子の気持ちを引き出すようなドキュメント撮影をするようになります。北風ピープーではなく太陽の暖かさでコートを脱がす方法に変わったのです。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。