FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
汁男という職業がある。エキストラ男優みたいなもので、顔を出し女優と本番することは多くはない。ギャラは5,000円程度、素人・AVマニアがアルバイトしているケースも多い。「ぶっかけ」が代表的だが、大勢の汁男を一堂に集めて自分でしごいて精子を女優の顔などにぶっかける役回りの男優たちの総称である。

最近、その汁男の重要さをひしひし感じている。なにを今更と言われるかもしれない、汁男なんて今に始まった訳じゃないから。

お客さんが何に感情移入して観ているかを考えると、「気持ち良さ」だと言えます。気持ちよさそうな射精は「絵」としても凄いのである。

応募してきた20代前半の男の子は、パイズリ好きだという。「彼女はいるけど、セックスはあまり好きじゃない。パイズリが好き」と言い切る。パイズリ射精で飛ぶ距離がすごいのだ。一度はカメラマンを飛び越え、ある時は高さ50cmにも達した。見たことのない距離だった。お客さんからしたら、あまりに気持ちよく見えるだろう。彼はウチの専属汁になってもらった。

また別の汁男で、よくブログにもコメントを残してくれる人がいる。ある撮影で目が活き活きしてたのでチャンスをあげた。「これから女優とパイズリしてもらうけど、もしもう一回やれそうだと思ったら、女の子に頼んでごらん、もう一回やりたいって。彼女はきっと断らずにやらせてくれるよ」

撮影で彼は一回目の射精後、女の子に頼み込む。予想通り彼女は二回目を許してくれた。そして射精したばかりだというのに、二回目を射精した。その撮影で女優は二度出し女優として、頼まれたら断りきれない人の良さを印象つけることに成功した。

すごい距離の飛び方だったり、連続二発出しは大変です。すごい絵を撮らせてもらえるのですから、こういう汁男には頭が下がります。この歳になってもいろいろ教わることは多いです。

テーマ:巨乳 爆乳 超乳 - ジャンル:アダルト

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。