FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月始まりの手帳を使っている。毎年3月末になってようやく次の手帳を買いに走る。今年は3月半ばで売り切れている店が続出。なんか毎年、お気に入りの手帳を探して歩いている気がする。
どこにもお気に入りのがなく、新宿をくまなく歩いていた。あるビジネスホテルの前にある一団がいた。おそらくそのホテルに投宿していたと思われる10人以上の団体。5人くらいの中年の男たちと、10名弱の女性。未成年の女の子が多く、どの子もびっくりするくらい可愛い。会話は外国語。どこか東南アジアの言葉だ。その雰囲気から、モデルか歌手の卵を日本に売り込みにきたのだと察した。

自分は、“売れてるから”ということでは行動を起こさない。流行を追いかけるのが好きではない。いつも、直感や好きという気持ちを行動の第一の理念にすることが多い。それは自分のプライドでもある。いま目の前にいる若いアジアの女の子たちは本当に可愛い。自分がここまで思うのだから必ず売れると思った。
水着の写真集やイメージビデオも作れるに違いない。会社の仕事は巨乳系だから直接的には関係ない。しかし、あらたな分野の仕事の開拓とか、仮に自分の会社には関係なかったとしても、次に何かが繋がるかもしれない。

遠巻きからちょっと様子を窺ってから、思い切って声をかけてみることにした。
「すみません。自分はグラビアを制作しているのですが」
日本人の責任者を紹介される。自分の名刺を手渡し、尋ねる。「あまりに可愛い娘たちですがシンガーか、なにかですか?」
聞くとタイの女の子で歌手なのだそうだ。日本で彼女らを売り込むところらしい。
水着の撮影を頼もうとすると、「ダメなんですよ。タイは仏教国なので水着とかダメなんですよね」笑って断られた。
水着撮影がダメな国もあったのですね。知りませんでした。お恥ずかしい。

お気に入りの手帳は新宿のはずれ、伊勢丹の文具売り場にあった。品ぞろいの良さはさすが伊勢丹、日本一のデパートといわれるゆえんです。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。