FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙企画の監督としてレギュラーだった頃、監督面接は悶絶もんでした。
女の子と1時間ちょっと話しながら考えなければならないことは、撮影する場所を決めることでした。その場所を決めるのに毎回悶絶していたのです。
なんで場所を決めることに悶絶?と思われるでしょう。

場所というのは、どこの場所(町・建物・自然)に立たせると一番自然なのか、つまり引き出すキャラを決めることです。下町の路地で普段着がいいとか、夜の六本木がいいとか、世界観を考えるのです。実際の女の子と違ってもいいのです、キャラですから。本当は風俗しかやっていない女の子を語学の専門学校生に見せたり、子供までいる女性を可愛い声してるという理由でロリぽく見せたりしました。
一人二人考えるのは楽ですが、それを毎回何年もやるのです。ネタも尽きてきます。それで悶絶することになります。いまのAVでは考えられないかもしれませんが、短編のドラマを作る作業に近かったかもしれません。
撮影は毎回二日撮りで、外撮りは重要でした。女の子のリアリティを作るところなのですから。坂を求めて尾道まで行った撮影隊もありました。

当時のAV業界は脱いでセックスまでする女の子が現在ほど多くないので、出演する女の子には有り難みがありました。またブログもない時代ですから視聴者との距離はかなりありました。そのような背景もあり当時のAV女優はいまよりも幻想に近かったのかもしれません。

話しが逸れました。面接の悶絶でした。
最近のAVの面接は、やることやれることを確認するくらいですから、つまらなくなりました。女の子の内面ではなく、技術の確認です。口内はOK?潮はどのくらいの量を吹ける?何人とできる?みたいな。女の子のプライベートな話しを聞いても、作品に活かすことができなくなりました。

悶絶を感じるのはAVだけではありません。NHK「わたしが子どもだったころ」の若い人のとき。藤原紀香・劇団ひとり・小池栄子など、若いタレントの時は本当につまらない。どうでもいいようなことをグダグダしてるだけ。作る人の悶絶が伝わってきます。自分もAVで同じ経験していたのでよくわかる。だって伝えるべきものが何もないんだもの。
でもそれは仕方のないことです。若いというのはそういうこと。平和な時代になにもなく育ってきた世代、なにもないのが当たり前というか、なにもなくて良かったと考えるべきか。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。