FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、家に帰ったら知らない猫がいた。シャムですごく大きい。色はライラックポイント。僕を見て、カァー!と唸った。

餌付けした野良をもらったらしい。元々飼い猫だったようで、すぐに馴れるようになった。こちらが寝てると添い寝して甘える。不思議なのは馴れたと思っていても、立ち上がった人間を見るとカァー!と唸ることだ。怖いことがなんかあったのだろう。
その猫、可哀相だが顔が怖いのだ。猫のような癒し系ではない。ガタイが大きく、肉食系の動物、雌ライオンのような感じ。博物館にある剥製が動き出したような迫力がある。
そんな印象だから、人間に虐められたのかもしれない。それがトラウマになってカァー!と唸るのでしょうか。

怖く感じるのは私だけではない。我が家で一番そのライオンちゃんを怖がるのは、三毛猫のタマ(18歳)だ。タマについては以前も触れたことがあるが(http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/blog-entry-55.html)、かなりの甘えん坊である。自分を猫と思っていないのか、他の猫が大嫌い。いつも猫同士の喧嘩を繰り返し、一度なんかもらったばかりの赤ちゃん猫を嬲り殺した前科がある。
ここ最近は他の猫も死んでしまい自分だけの一匹天下で、毎日思いきり甘えていた。そこに知らない猫が侵入してきたのだ。ライオンのような顔をした強そうな猫。
タマは遠くから吠える。しかしライオンちゃんはまったく意に反さない。タマのことなんか何とも思っていないのだ。
タマは気が気じゃない。ここから出て行けとばかりに喧嘩をしかけるが、喧嘩にならない。
前科猫とライオン、この両者はいいバランスかもしれない。
今後どうなるか楽しみだ。


⇒ 続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。