FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、フジTV系列で放送され反響が多かったのに、なにかの問題でDVD化されなかったドキュメンタリー番組が劇場で公開されました。
http://nakinagara.net/

日本に出稼ぎにきた中国人の父親と、上海に残した妻と娘の10年を追った家族のドキュメンタリーです。
親戚から借金して日本に来て、稼いだ金を家族に送る父親。もう7年が経ち、ビザが切れ中国に帰国することができなくなっている。(帰国すると日本に再入国ができなくなるのです)。妻は夫に会いに、日本への出国を申請するが許可されない。映画はここから始まる。

離れ離れの家族、妻は日本にいる夫には女でも出来たのではと疑心難儀になる。しかし夫の実態は、毎日いくつもの仕事をこなし、帰ってくるのは深夜。質素な生活を慎ましく続け、送金だけは欠かさない。自分は文革で勉強できなかったので、せめて娘にだけはきちんとした教育を施したい。その想いが父親を頑張らせるのだった。
悪びれることも、愚痴を言うこともなく、ただひたすらに仕事をして送金する。その姿に心打たれる。映画というのはこういうものです。佇まい、その姿だけで感動させてくれる。
報道される中国人像は、極悪だったり、反日的だったりと、印象があまり良くないかもしれないが、本来の中国人、特に田舎の人たちの純粋な素朴さには、日本人がなくしてしまったものを感じます。
(参考にhttp://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/blog-entry-81.html)


自分にとって、佇まい・その姿に感動させてくれるAV監督がいる。村西とおる監督です。
言うまでもなくAVの帝王です。いろいろな意味で目立つ方ですが、普段の氏の佇まいには特別な存在感があります。7つも前科がありながら、時代の寵児になったこともあり、また50億円に及ぶ借金地獄からの脱却までを経験しました。人としての味わいがあり、弱い立場の人にとても優しい方です。村西監督なら、この時どうするだろう・・・と常に背中を見ています。
村西監督が書いているブログがあります。(http://blog.muranishi-ch.com/new/news/blog.cgi)氏の人生哲学やAV業界のことを面白おかしく(わたしのことを書いているページもある)、また芸能界の裏側を実名で書いてしまう。例えば、北野誠追放劇の真実とか、ジャニーズ事務所と村西監督との大ゲンカ、はたまた宮沢りえの処女を奪った男etc。あまりにはっきりとブログに公表してしまうので大丈夫ですか?と尋ねたことがありましたが、
「まったく問題ないでしょう。全部本当のことなんだから」と本人は至ってへっちゃら。ブログは評判を呼び、ブログランキング一位になりました。出版社がブログの書籍化の打診に来たそうです。しかし、どの出版社も内容の打ち合わせになると、訴えられることを恐れて、実名ではなくAとかBとぼかして書いてほしいというそうです。「そういうのは全部断って、実名で出してくれる出版社を探している」と言っておりました。

先日、村西監督から電話があり食事に誘われました。実名での書籍化をした出版社の社長さんとの食事でした。ありがたく食事をいただきながら、その本をいただきました。『村西とおるの閻魔帳』です。面白いので、読んでみて下さい。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。