FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1979年に大学に入学した自分は、映画研究会に入り自主映画作りに参加したり、映画を観まくっていました。当時、興味をもって観だしたのが、にっかつロマンポルノでした。ポルノというジャンルの映画がこんなにも面白いんだ、ハリウッドの映画よりも面白いぞ、とのめり込むように観まくりました。

映研の先輩の紹介で、ピンク映画の助監督のアルバイトを始めたのもその頃です。当時はフィルム撮影からビデオ撮影への変革期でした。しかし自分がお世話になったピンク映画の現場は、ビデオで撮影しているのにフィルムのような撮影方法をとり、ビデオの特質を活かしたものではありませんでした。カット割りが多く、女優のエロを引き出すのではありませんでした。

大学4年になり映画館で観た『ザ・オナニー』は衝撃的でした。何人かの女性が出てきては、インタビューされオナニーするだけのものでしたが、その生々しさは女優の演技というより、女そのものに見えました。やはりビデオの特性を活かして撮影をする人がいるんだな、これからはビデオの時代だなと確信しました。その監督が代々木忠さんでした。

1983年に大学を卒業した自分は、AVの制作会社に就職し、AV監督になりました。AV監督になると、自分の撮った女優が、他社メーカーでどのように活かされてるかを意識してしまいます。自分が撮ったときよりも、余所のメーカーの方が本気で感じているように見えると悔しいし、また自分に足りないものが何なのか考えます。AV監督になった時から、ずっと意識していたのが代々木監督でした。その手法を何度模倣したことでしょう。その演出に近づこうと失敗の繰り返しだったと思います。

1986年、村西とおる監督が黒木香の『SMぽいの好き』で時代の寵児となり、翌87年ついに代々木監督は『いんらんパフォーマンス』シリーズを発表します。そのシリーズは凄かった。内容は毎回違っていましたが、写っているのは女も男も本気セックスでした。ドキュメントの流れがあり、演じているつもりが本気になったり、時には恋人で登場したカップルが、その撮影で別れることになったり。セックスには猥褻感があり、また面白い。AV女優が演じているのではなく、女になっているのです。このシリーズのレベルの高さは、「映画なんかよりも面白い」とその当時のAV評があった程です。

そんな日本のAVは、世界のどこにもない、独自のサブカルとなっていました。当時から思っていました。こんなに素晴らしい映像は輸出すべきだ。劣情を催すだけでなく、面白い。世界の人たちに見てもらうべきだと。
にっかつロマンポルノを観て、あまりのレベルの高さに衝撃を受けた大学生の自分と同じように、世界の人にも知ってもらいたい。

約四半世紀経ち、2011年ようやくそれが実現されようとしています。代々木忠監督を描いたドキュメンタリー映画『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』(http://www.yoyochu.com)です。ローマ映画祭にも出品されたようですが、この映画を機に日本のAVの面白さ、凄さを世界の人たちに知ってもらいたく思います。

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。