FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子校に通う普通の、でも胸だけは大きい女の子がいました。小学生の時から、エッチに興味があり、高校一年生(15歳)で当時付き合っていた20歳のリーマンに処女をあげました。その彼とは盛ったようにエッチしていました。

高校3年生になった頃、いつもの通学電車で痴漢に遭いました。怖くもありましたが、痴漢に興味もあったので、されるがままでいました。初体験以降、セックスへの興味は膨れ上がり、出会い系で知り合うのも含めて100人近くの経験をしていました。痴漢は初めてでしたが、その男は終わると私の制服の胸ポケットに3000円を入れてくれました。そのお金もあり、「まあ、いいか」と思うようになりました。それから毎朝と言っていいほど、その男に痴漢されるようになったのです。そして必ず3000円を胸ポケットに入れてくれる。いつしか、毎日の決まり事のようになっていきました。

痴漢を受け入れるくらいですから、私はスケベでした。車内で濡れてしまい、指を挿れられることもしょっちゅうです。濡れたまま学校に行き、授業を抜けだしてはトイレでオナニーをしていました。
その頃、ネット掲示板にエロ写真を貼り付けるのが巷で流行っていました。私は、学校のトイレで濡れたアソコの写真を撮り、裏掲示板に匿名で載せるようになりました。みんなが興奮してくれると私も興奮しました。痴漢やネット掲示板。私はこっそり一人で愉しむオナニーが好きみたいです。

ある朝、いつもの通学電車で、5人の男に囲まれました。いつもの痴漢の他、4人は初めて見る男たちでした。5人に囲まれてるのは車内でも不自然だったと思います。乗客にはおそらく気づかれていたと思いますが、誰も注意も通報もしませんでした。その時の痴漢は凄かった。みんなに指を挿れられ、すごく興奮しました。最後はみな3000円をポケットに入れてくれます。リーダー格のいつもの痴漢が仕切っていたようです。後日、いつもの痴漢に尋ねてみました。あの4人はなんだったのか。実は自分が作った痴漢のサイトがあり、そこできみは有名な女子高生だと。あの4人はそこの仲間ということでした。なんて書かれているのか怖くて、結局そのサイトを見ることはありませんでした。高校を卒業し、痴漢と会うこともなくなりました。

好きなセックスは、私を激しく欲しがってくれる人とするエッチです。自分に自信がないから強く求められたいんです。今でも痴漢は好きかもしれません。わざと混んでいる方に乗ってしまいます。

風俗を始めてからはエロくなくなりました。欲求不満になる前に疲れて寝ちゃいます。エッチが仕事になるとエロくなくなるんですね。でも風俗を辞めたら、きっとまたエロくなると思います。
こんなことを話すのは初めてです。誰にも言ったことがありません。こんな話、面白いですか?
お客さん、話だけで勃ってますね。こういう話を聞いてる方が好きなんだよ。その方が興奮する。なら良かったw

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。