FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お待たせ致しました。お待たせし過ぎたかもしれません。
撮り始めたのが2001年なので、劇場公開する2015年には15年かかってしまったことになります。
「待たせすぎだ」との指摘もございました。お待たせしすぎてごめんなさい。

面白くなりそうな確信はありましたが、どういう形の作品になるかは手探りでした。
編集しては物足りなさを覚え、また直しの繰り返しでした。

村西とおる自身は「もがき」続けた15年でした。
そのもがきに多くの人が巻き込まれ、借金はどんどんふくらみ、それでも次の一手を探し続ける。切なくもありますが、可笑しい映画です。

村西とおるをご存知の方の多くは40代以上だと思います。
バブルの時代、AVの全盛期、女優の黒木香さんとともに、AVの帝王としてテレビや雑誌によく取り上げられていました。AVを観ない人にも知られているくらいの有名人でした。
 
彼がメディアで騒がれることがなくなっていた2001年から撮影をスタートしました。しかし村西とおるは圧倒的な存在感でした。
こんな男がいるんだ、自分も頑張ってみようと、観た後に元気になる映画です。

2014年11月28日〜30日に、第一回新人監督映画祭が開催されました。その映画祭に特別招待され、一回こっきりの上映を致しました。試写もしていない初めてのワールドプレミア上映でした。
お客さんの反応を見ながら、「ようやく映画になったんだ」と一人感慨深いものがありました。

皆さんから、15年の撮影期間のことをよく言われます。諦めずに頑張ったと褒めていただくことが多いです。しかし長い期間、気持ち良く撮らせて下さったのは村西さんです。15年もの間、撮影にお付き合いしてもらえるなんて普通は考えられません。その男気に感謝しています。

劇場公開は2015年夏頃を予定しています。映画は編集手直しで磨きをかけて、再び皆様の前に登場させていただきたいと思います。それまで、お待ち下さい。ますます、お待たせし過ぎですね。


第一回新人監督映画祭で「ナイスですね 村西とおる」は賞をいただきました。
男優賞 村西とおる
ある視点部門 審査員特別賞 高槻彰
http://goo.gl/BJ3ni2

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。