FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7ヶ月ぶりのブログです。
新しいシリーズを立ち上げます。「狭い廊下でボインちゃんとすれ違う」というシリーズになります。

それがどうしたの?という思う方は、まずコンセプト動画をご覧下さい。
http://www.gas-web.com/official/news.html#post-153

巨乳の女の子と男がギリギリ狭い所をすれ違います。お互いの身体は密着し、胸がじゃまして簡単にすれ違えません。
長いような短いようなすれ違う一瞬の間で、男も女もエロい気分になります。ようやくすれ違ったら、あとはもう・・・

この企画はずいぶん長い間、頭にありました。しかしうまく出来るかわかりませんでした。
そもそも舞台になる狭い廊下のスタジオがあるのか?見たことも聞いたこともない。どう実現したらいいのか。

七草ちとせさんを撮ることになり、企画を考えてたところ、「狭い廊下」を思い出しました。
この企画を立ち上げるのに、七草さんはうってつけかもしれない。この機会を逃したら、この企画は実現できないかもしれないと思うようになりました。長い廊下のあるスタジ オは見つけました。おそらく備品で狭く見せられるだろう。
しかし、本当にうまくいくだろうか。正直自信が持てなかった。
「狭い廊下」をやることに決めたのは、やらないで後悔するよりはいいと思ったからでした。

狭い廊下で、自分の胸を押し付けたり、逆に触られたりしながらすれ違う。痴漢に似ていますが、男女とも不可抗力という状況が違います。狭いので触れ合うのをお互いが許し合わざるを得ません。少しだけですが言葉を交わすコミュニケーションもあります。また電車と違いプライベートな場所です。 おっぱいやお尻を触ろうとしなくても(本当は触りたいのがバレずに)触れてしまう。女性も同じ。筋肉や勃起したチンコを何気に触れることができてしまう。これだけでヤリたくなる理由はお分かりになるでしょう。すれ違いが一種の前戯のような役割を果たすことになります。

撮影現場では、すれ違いシーンは面白くゲラゲラ笑いながらモニターを見ていました。滑稽だったからです。エロくて、コミカルで、セックスに至る心 情がすごくわ かりやすい。
この企画は、絡みに至るまでのセリフがあまりありません。狭い廊下のすれ違いを見せるだけで、セリフで説明する必要がないからで す。そういう意味でとてもシンプルな作品になりました。

うまくいったかどうかは皆様の判断に委ねますが、七草ちとせさんは天才だと思いました。自分の役割をきっちり理解し膨らませてくれました。僕の不安は七草さんに完全に吹き飛ばしてもらえました。
また作品に奥行きを持たせてくれた撮影さんの技術と、編集さんには大いに感謝しています。僕が大好きな作品が出来上が
りました。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。