FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、フジTV系列で放送され反響が多かったのに、なにかの問題でDVD化されなかったドキュメンタリー番組が劇場で公開されました。
http://nakinagara.net/

日本に出稼ぎにきた中国人の父親と、上海に残した妻と娘の10年を追った家族のドキュメンタリーです。
親戚から借金して日本に来て、稼いだ金を家族に送る父親。もう7年が経ち、ビザが切れ中国に帰国することができなくなっている。(帰国すると日本に再入国ができなくなるのです)。妻は夫に会いに、日本への出国を申請するが許可されない。映画はここから始まる。

離れ離れの家族、妻は日本にいる夫には女でも出来たのではと疑心難儀になる。しかし夫の実態は、毎日いくつもの仕事をこなし、帰ってくるのは深夜。質素な生活を慎ましく続け、送金だけは欠かさない。自分は文革で勉強できなかったので、せめて娘にだけはきちんとした教育を施したい。その想いが父親を頑張らせるのだった。
悪びれることも、愚痴を言うこともなく、ただひたすらに仕事をして送金する。その姿に心打たれる。映画というのはこういうものです。佇まい、その姿だけで感動させてくれる。
報道される中国人像は、極悪だったり、反日的だったりと、印象があまり良くないかもしれないが、本来の中国人、特に田舎の人たちの純粋な素朴さには、日本人がなくしてしまったものを感じます。
(参考にhttp://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/blog-entry-81.html)


自分にとって、佇まい・その姿に感動させてくれるAV監督がいる。村西とおる監督です。
言うまでもなくAVの帝王です。いろいろな意味で目立つ方ですが、普段の氏の佇まいには特別な存在感があります。7つも前科がありながら、時代の寵児になったこともあり、また50億円に及ぶ借金地獄からの脱却までを経験しました。人としての味わいがあり、弱い立場の人にとても優しい方です。村西監督なら、この時どうするだろう・・・と常に背中を見ています。
村西監督が書いているブログがあります。(http://blog.muranishi-ch.com/new/news/blog.cgi)氏の人生哲学やAV業界のことを面白おかしく(わたしのことを書いているページもある)、また芸能界の裏側を実名で書いてしまう。例えば、北野誠追放劇の真実とか、ジャニーズ事務所と村西監督との大ゲンカ、はたまた宮沢りえの処女を奪った男etc。あまりにはっきりとブログに公表してしまうので大丈夫ですか?と尋ねたことがありましたが、
「まったく問題ないでしょう。全部本当のことなんだから」と本人は至ってへっちゃら。ブログは評判を呼び、ブログランキング一位になりました。出版社がブログの書籍化の打診に来たそうです。しかし、どの出版社も内容の打ち合わせになると、訴えられることを恐れて、実名ではなくAとかBとぼかして書いてほしいというそうです。「そういうのは全部断って、実名で出してくれる出版社を探している」と言っておりました。

先日、村西監督から電話があり食事に誘われました。実名での書籍化をした出版社の社長さんとの食事でした。ありがたく食事をいただきながら、その本をいただきました。『村西とおるの閻魔帳』です。面白いので、読んでみて下さい。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

私は残念ながらアンチ中韓なのですが、全員がイヤなわけじゃないですね。地道に働いてる人はちょっと個性的な人…くらいに思えますが、観光に来てる人は大嫌いです。お金があると傲慢になっちゃうのな…これは国籍問わずですが。

高槻さんの本はまだですか(笑)パイズリーフとか乳首だけの写真集とか♪
【2010/04/18 Sun】 URL // ふじこ #JalddpaA [ 編集 ]
俺は出稼ぎシナ人にはあまり良いイメージを持っていません。
が、監督が見たドキュメンタリーの様な方ならば、人種の壁を越えて応援したくなりますね。 やはりその人の性格と魂の強さには、偏見とかは根本から打ち砕かれます。

村西とおる監督「入りました!」ってイメージが強い人です。
昔、深夜番組でガンガンに周りをドン引きさせる位に品のないことをあの丁寧口調でマシンガントークしていた氏にはただならぬオーラを感じてました。

ブログ書いてるとは知りませんでした。
必ず見ます!高槻監督のドキュメントや書籍もいつになるか分かりませんが、首を長くして待ってますョ!w
【2010/04/18 Sun】 URL // フリンカム #99DFA69w [ 編集 ]
高槻さんの勧める映画や本は本当に面白いので、「村西とおるの閻魔帳」もさっそく買わなくちゃ(^-^)
【2010/04/19 Mon】 URL // 紀子 #- [ 編集 ]
どちらの方も言えるのは『男』ですネ(^O^)

どちらも凄い男気溢れてるイイ男だと思います。

チト考えさせられましたよ。
自分はどうなのかって。
同じ男なら負けない様、頑張るしか無いですネ!

そう言えば東京に戻ってから半年以上経ちましたよ。やっと年休付いて喜んでました。とは言え、ほとんど使わずに終わるんですけどネ(^O^)

たまにはオイラのblogに遊びに来て下さいネm(__)m
【2010/04/20 Tue】 URL // ひろ(大泉戦車隊) #- [ 編集 ]
ふじこさん
コメントありがとうございます。

僕の本ですか。
なにを書けばいいんだろう。爆乳のスカウト術とか(笑。
どうもありがとうございます。
【2010/04/21 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
フリンカムさん
コメントありがとうございます。

村西監督がTVのゴールデンタイムに出始めたとき、すごかった。
バイブをいくつも肩からぶら下げたりして。本当に体を張ってました。

それを観た北野武が「すごいのが出てきたな!」と驚いてたのが印象に残っています。
【2010/04/21 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
紀子さん
コメントありがとうございます。

映画『泣きながら生きて』も是非!
ほんとうにいいですよ。
【2010/04/21 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
ひろさん
いつもコメントありがとうございます。

そうですね、どちらも男。
その二人から学ぶことがたくさんあります。

ひろさんも頑張ってらっしゃるのですね。
あまり無理せずに、ときには休養もとって下さい。
【2010/04/21 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
ドキュメンタリーと監督
中国のお話し・・・・労働者って言う言葉はちょっと硬いですかね。
こつこつと愚直に働き、それを全て仕送りにしている。中国人というとイメージが偏っているのが今の日本の実態かもしれませんね。

でも、ドキュメンタリーでその「こつこつとした愚直さ」を伝えるのも難しいような気がします。単なるお涙頂戴では伝えたいものが薄すぎるようなきもしますし。でも、わずか何十年か前の日本も同じだったのですから共感せざるをえない何かがありますよね。

村西監督という方はそういう方だったのですか。その「閻魔帳」読んでみたくなりました。
でも、実名というのは大変なんだとおもいます。以前弁護士の方に聞いたのですが「本当に馬鹿な人に向かって、「お前は馬鹿だ」といったらこれは犯罪になるんだよ」「真実であってもそのことが公表されることで、ある個人が不利益をこうむれば犯罪というわけだね」という話でした。

村西さんのブログもすごいですけど、それを出版される方も太っ腹ですね。「男」気・・・「侠気」というものを感じます。

そういえば「友を選ばば書を読みて、六分の侠気、四文の熱」という名言もあるわけですし。「男」を感じれる人には、これ女性もですけど、魅力を感じちゃいますよね。
高槻監督の「爆乳スカウト」も期待しています。
【2010/04/23 Fri】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
森の
いつもコメントありがとうございます。

実は最近、中国人から学ぶことがたくさんあるように思うのです。
中国映画「初恋のきた道」なんて、日本ではもう描けない純粋さだし。

そういえば、村西さんも最近よく仕事で中国に行ってるみたいです。
ポルノで中国で捕まったら、もうお終いですね(汗。
【2010/05/03 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
中国事情
村西監督中国で仕事ですか。
何年か中国に住んでいた友人が何人もいるんですが、昔はかなり限定的な場所に風俗産業があったそうです(国も黙って公にしない)。でも最近ではこういった場所で捕まった外国人の話がニュースで流れるくらいですから、結構危ないですよ。

麻薬ほどではないにしろ、即死刑・・・・・ってことがありそうなのが中国ですから。
閻魔帳を作るような監督まだまだ頑張ってほしいですもの。
【2010/05/05 Wed】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/100-475da969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。