FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
uzuki.jpg

『人間仮免中』(イーストプレス)というマンガを読みました。卯月妙子さんが精神的な病を抱えながら描いた作品です。ものすごく感動しました。

僕が彼女に出会ったのは一枚の写真がきっかけでした。GASの社員監督だった平野勝之さんが撮ったAV作品の中で、井口昇さん(当時AV監督)がバケツ一杯のうんこを頭から被る写真です。その写真を見た卯月さんから、「感動しました。私も同じようなことをしたい」と応募があったのでした。初めて会った卯月さんはとても綺麗な人でした。綺麗なのに普通のセックスは出来ない、スカトロやSMがいいと言うのです。あまりの落差に驚きました。卯月さんの漫画家デビュー作品『実録・企画モノ』(太田出版)には、その当時の話が描かれています。僕と思われる人物も登場します。

僕は1000本くらいAVを撮っていますが、個人的に一番好きな作品は卯月さんの出演作『便器が出るテレビ』です。スカトロ好きの卯月さんをフューチャーしたもので、タイトルは当時人気があったTV番組「元気が出るテレビ」をもじりました。こんなシーンがあります。食糞好きの男が、卯月さんのウンコを口の中でクチャクチャさせながら、「キスしたらダメですか?」と尋ねます。普通の女優はスカトロ好きではありません。仕事でしているだけです。卯月さんは、おそらくウンコが汚いものだと思っていないのでしょう。すごく嬉しそうな顔で頷きます。ウンコまみれの口でディープキス。見るに耐えない行為ですが、見たことのない美しいシーンになりました。マニアの男が、「すごく感動しました。こんな気持ちは生まれて初めてです。今日のことは絶対忘れない。死ぬ間際の走馬灯に出てくると思います」自分はスカトロが正直苦手ですが、そのコメントを撮りながら涙が溢れました。ひとの心を打つものを彼女は持っているのです。綺麗な顔とやることの落差もさることながら、子供のようなピュアさが彼女にはあるのです。

AVは何本か撮影しましたが、その後卯月さんとは疎遠になっておりました。卯月さんの『人間仮免中』が漫画大賞にノミネートされているということを最近知り、読んでみました。
子育てなどいろいろあったようですが、あれからなにも変わらない卯月さんがそこにいました。やってることは物凄いし、めちゃくちゃな人生だけど、可愛くてピュアで、歳をとり人間的に深みが出ていました。

あらためて卯月妙子さんは、根っからの表現者であり、それは天才的なのだと思いました。漫画大賞は残念ながら逃しましたが、読んだ人の心に残る作品です。
漫画の枠を超えて、卯月妙子という存在そのものに感動する作品です。今まで読んだ漫画で一番面白かった。ぜひお読み下さい。


去年
わたしは去年4月にこの本が出たばかりのとき買いましたよ。10年ぶりの執筆だし、片目失明してたので心配でしたが、画力はあいかわらずだし、ボビーに愛されているのが羨ましかったです。
【2013/04/13 Sat】 URL // 水沢紀子 #- [ 編集 ]
ボビーやお母さんが良かったですよね。素晴らしい人達に囲まれている、というか彼女だから集まるという。
【2013/04/13 Sat】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/122-d3a9438a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。