FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AV監督になって20数年経ちます。こんなに長く続くと思っていませんでした。
自分がAVに向いているかどうかは今でもわかりませんが、どうして監督になったのでしょうか。

1980年代前半、わたしは大学生でした。
映像の仕事につこうと思っていたので、大学の映画研究会に入って自主映画を作っていました。映画は監督で見るようになっていました。好きな監督は古いところでは溝口健二・黒沢明・熊井啓・大島渚。作っていた自主映画は社会派を気取ったもので、いま思い出すと、頭でっかちでまったく人間が描かれておらず最悪のものです。
映画資金を捻出するためストリップの照明係やキャバレーのボーイのアルバイトをしていました。当時、日活のロマンポルノの若手監督作品をよく見ていたこともあり、裸や風俗産業に免疫があったのかもしれません。あるいはそういう仕事が好きだったのかもしれない。

大学在学中、いろんな映像の仕事を試してみました。助監督のアルバイトです。その中からAVに決めました。自主映画で映画作劇の才能の無さがよくわかりましたし、AVはなによりおもしろかった。ドキュメントの楽しさを知ったのです。

AV監督になったからといって女を知って撮っていたわけではありません。逆に女のことなどわかりませんでした。最初は思い入れだけで撮っていました。女の気持ちなど無視して自分が考えるスケベを撮っておりました。いま考えると女への復讐をしていたのかもしれません。
いつしか撮り方も変わり、女の子の気持ちを引き出すようなドキュメント撮影をするようになります。北風ピープーではなく太陽の暖かさでコートを脱がす方法に変わったのです。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

失礼します^^
ファンのものです。いつも魅力的な女優さんをだしてらっしゃって、モロに自分の好みだったりします。内容が巨乳、爆乳好きのツボをおさえてらっしゃるあたり感服です。
特に「宮崎ぱいん」さんがあたまからはなれなくて・・・彼女の作品は今後出る予定なのでしょうか?輪姦モノとかすごくみたいです。
なんかずぅずぅしいこといってますね^^;ここに書くべきかまよったのですが、どうしても書きたくて・・・今後とも女優さんを思いやる高槻彰さんの作品作りを応援しご活躍期待しております。がんばってください^^
【2007/03/26 Mon】 URL // 匿名希望Webマスター #- [ 編集 ]
匿名希望Webマスターさん、コメントありがとうございます
GASに関しては担当者に任せているので担当者に伝えますが、ありがとうございます。お気持ちは大変嬉しくちょうだいいたします。

わたし自身以前とだいぶ変わりました。もう昔のような思いこみだけで突っ走る撮影はできなくなりました。歳をとったんですね。ただAVの仕事はいまでも好きです。毎日楽しいですよ。
【2007/03/27 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
「女の子の気持ちを引き出すようなドキュメント」
って、GASの特徴ですよね。

杏美月さんの「本番解禁」では、素の可愛らしさが良く出てて、最高に良かったです。

石黒セリさんの作品もいい感じで出てますよね。


でも、女の子の都合やコンディションで撮影が遅れたり、うまくいかなかったりするドキュメントには、ちょっと疑問を持ってしまったりします。

もう、手元にはありませんが、広菜れいの作品で妙に後味が悪かったのがとても記憶に残っています。(たぶんGAS制作)

あ、記憶に残っているという点では成功してるのか。。いや、でも、夢の様な美爆乳で、最後まで夢を見させて欲しいという願望の方が強いかもしれません。
【2007/03/30 Fri】 URL // 杜@FOB #z8Ev11P6 [ 編集 ]
「女の子の気持ちを引き出すようなドキュメント」
FOBの杜さん
「女の子の気持ちを引き出すようなドキュメント」
これは私にとってはお褒めの言葉になります。ありがとうございます。

引き出す撮影の難しいのは、女の子によって作品のもつ空気が極端に変わってきてしまうということです。失敗も多々あります。広菜れいもまさしく失敗です。
若さもあります。当時は自分の思い入れを作品に入れ込むことに熱中していました。
みなさんの気持ちを置いたまま突っ走るという若さゆえのものでした。

当時のAV業界で、わたしを使うプロデューサーは「面白いものを作ってほしい」という、ポルノ部分はもちろんのこと、そこ以外の出来を期待して発注していた経緯があり、わたしもそれに応えようとしておりました。いわばプロデューサーと監督との仲良し倶楽部みたいな雰囲気がありました。
俯瞰してみると、レンタルビデオの衰退はこの辺に問題の一端があったのかと思います。

当時、期待してご覧いただいた方たちには申し訳なく思いますが、その頃のAVはそれはそれで良い時代でもありました。
どうぞご容赦下さい。
【2007/03/30 Fri】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
本当にありがとうございます
高槻さんの原点……

社会派映画というのは合点がいく気がします。

ただ、本当に難しいのは難しいことを簡単に、明快に、誰にでもわかるように伝えることだと思います。

女の子の気持ちを引き出すようなドキュメントっていうのは「今」の社会・世の中を写し出すことになると思うのです。しかも、明確で、わかりやすくて、ちょっぴり心に残るような映像をつくることはすっごく難しいのだと思います。

その術が「太陽」なのでしょう。

だからこそガスさんの現場では、女の子はスタッフの方を信頼していたり、時にはわがままを言ったりできるのだと感じました。そして僕たちエキストラ男優もそうです。

撮影が終わる度スタッフの皆さんに「ありがとう」の気持ちでいっぱいになります。

それもすべて高槻さんの行き着いた「太陽」の考え方なのかもしれませんね。そう感じた今日この頃です。

追記 「女への復讐」って言葉が少し気になりました。


【2007/04/03 Tue】 URL // いはら #- [ 編集 ]
井原さん

AV監督デビュー当時は強引にやっていたけど、それじゃあ撮りたいものが撮れないのに気づいて、優しくなったということでしょうか。突っ走っていた自分も自分ですが、こんな自分を飽きずに使ってくれていたプロデューサーのお陰でもあります。いまの自分があるのは当時のプロデューサー方のおかげです。
【2007/04/04 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/48-52f477c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。