FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いま家にいる猫は一匹。三毛でタマという。サザエさんの猫と同じ名前。
その猫は家に来て16年になる。

1990年、九州の雲仙普賢岳が噴火した。溶岩が多くの民家を飲み込んだ。多くの方が亡くなり、新聞やTVではそのニュースを毎日流し、被災した住民を写していた。しかし被災したのは人間だけではなかった。野良はもちろんのこと、一緒に暮らしていた犬や猫は逃げ遅れたり、あるいはやむを得ず捨てられたりした。
そんな動物たちを拾ってきては世話をするという動物愛護団体があるのを聞いて募金をしていた。
あるとき妻と旅行をかねて、そこに行ってみようかということになった。長崎空港でレンタカーを借りた。ナビなどない。ようやく辿り着いたのは噴火した雲仙の奥深く、「こんなところに人などいるわけないだろ」というような場所だった。犬の鳴く声でわかったのだった。
アポなしだった。施設の人は数人で、みんなテキパキと仕事をしていた。犬舎と猫舎に分けられ、去勢されたうえ喧嘩しないようなグループに分けられていた。
びっくりした。犬も猫も綺麗なのだ。失礼だが、山の奥深い人里離れた掘っ立て小屋である。そんな場所でちゃんと綺麗に洗ってあげてるのだ。そしてまた驚いたことに、犬猫にあげた缶詰の空き缶を水洗いして干しているのだ。アポなしで行ったのだから、いつもそうやってるということでしょう。動物に対する愛情や環境への配慮である。これを見ただけでこの団体のやっていることが想像できた。褒められるために、あるいはお金のためにやっているのではないのです。本当に可哀想な動物のことだけ考えてるのです。誇りの高さを感じた。この人たちに感動した。募金して本当に良かったと思った。
その施設で甘えん坊の猫がいた。お兄さんやお姉さんのあとをニャーニャー鳴きながらついてまわる猫。作業するのに邪魔だろうなと思い、その猫をもらって帰ることにした。それがタマである。
現在も甘えん坊は変わらず、人のあとをついてまわっている。
ちなみに現在もまだその動物愛護団体は活動しているという。こういう人たちに勲章をあげてほしいものだ。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

まったくです。
政治家規模の無駄金だけじゃなく、企業単位の意味不明のお金、交際費。紙コップ使わないでみんながカップを持参すれば、どれだけのお金が浮くのか・・・

会社で経費清算をしながら。
無駄だらけのゴミを捨てながら。

こんな無駄の半分でも、こういう優しさに使えればいいのにと思う。
【2007/08/05 Sun】 URL // love_ratu #JalddpaA [ 編集 ]
love_ratuさん
そういう人たちには本当に敵いません。頭が下がるばかりです。
スポットライトが当たることはないかもしれません。
ぼくは昔からそういう人たちに惹かれるんですよね。
中島みゆきの唄う「地上の星」を思い出します。
【2007/08/06 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
生きた募金
高槻さんの善意がほんとに生かされていたんですね。
募金て申し訳ないんですけど「胡散臭い」感じがする場合があるんです。団体のことがなかなか見えないもので。
小生は一応「盲導犬」の育成団体と「カモノハシ基金」(東南アジアの児童教育)については頭が下がって協力したことがあるんですけど。
見ず知らずの団体だと・・・・ちょっと逡巡しちゃいます。

高槻さんが御自身の目で確かめにいかれたのがすごいと思いました。きっと見に来てくれた団体の方も喜ばれたのではないのでしょうか。
人知れず行うにしても、同好の士というか、認めてくれる方がいれば力になるはずですから。
小職も自分の目で、自分の決定を下す対象のことを確かめる一歩を大切にしたいと思います。
【2007/08/06 Mon】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
我が家にも猫がいます!
ウチの嫁が猫が大好きで狭い家に5~6匹同居してます。
現在オイラが期間工で長期休暇でしか戻れないので、そのときしか猫達と遊べないけど…。
16年は凄いです!オイラんトコは10年~12年位でこの世を去ってしまいます。
今年の夏休みは仕事の都合で帰省出来ないんで寂しい限りです。
【2007/08/06 Mon】 URL // ひろ #- [ 編集 ]
森のクマさん
そんなに仰って下さいますが、大したもんではありません。
旅行がてらに遊びに行ってみただけですから。

ひろさん
ウチの猫は長寿なんですよ。20歳の猫が2匹もいましたから。
でも10年くらいいると、もう家族ですよね。
【2007/08/06 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
「誇りの高さ」という表現に
僕はこの記事を読んで、高槻さんの「誇りの高さ」という表現にグッときました。

僕の周りにある生活は「褒められるため」「お金のため」に費やしている人々や物事が多い気がします。

でも「褒められるため」や「お金のため」にすることよりも大切なものが他にあるということ、そしてそれを行うことを誰にも見られていなくても「誇り」に思うこと、それを行っている人を誇り高き人だということを改めて感じた記事でした。

ありがとうございます。
【2007/08/12 Sun】 URL // いは #- [ 編集 ]
いはさん
コメントありがとうございます。
ぼくの周りでもなかなかいませんよ。あのような方々は。
だから募金してるのかもしれませんね。

またいらして下さい。
【2007/08/15 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/55-d1976f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。