FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月23日、ビデオ倫理協会(通称:ビデ倫)が猥褻物頒布ほう助容疑で家宅捜索された。

ビデ倫はレンタルビデオの審査団体で、アダルトビデオの審査団体としては一番古い。昨今のセルビデオメーカーらは独自の審査団体を結成し、ビデ倫の審査とは一線を画していた。ヘアやアナルを見せれることにしたセルビデオの戦略に対して、ビデ倫は頑なまでに「大きなモザイク路線」を踏み外さなかった。ある時期までは。

AV業界は古くからあるレンタル勢力と、新興のセル勢力に分かれた。どちらも仲良くやればいいのにと思うが、どちらか一つを選ばなければならないのだ。セル審査団体を選んだらビデ倫からは除名された時代もあった。審査団体のお墨付きがないと流通は取り扱ってくれないから、古くからあるメーカーは生き残りをかけた選択をしなければならない。
しかしやはりモザイクは小さく薄いに越したことはない。セルのモザイクの小さく薄いのが評判になり、レンタル勢力からセルに鞍替えをするメーカーが相次ぐようになった。
その結果、ビデ倫に所属するAVメーカーが激減する。会費で賄われていた運営があやうくなるのも時間の問題。さすがのビデ倫も焦った。ここで「大きなモザイク路線」からの脱却となった。
離脱したメーカー会員を呼び戻そうとした為かどうかは分からないが、モザイクはセルに負けじと、より小さくなり評判となる。
今回の猥褻物頒布ほう助容疑で家宅捜索というのは、この頃の作品を指していると思われる。

モザイクが濃いか薄いかが、猥褻物頒布ほう助の分かれ道らしい。でも男性器にしても女性器にしても単なる臓器の一部。それが見える見えないで、どこか猥褻なのか。
自分はモザイク賛成論者です。全部見せてしまったら飽きてしまう。モザイクがあるからこそ、そこに想像が生まれるのです。見ちゃいけないからもっと見たくなる。日本のAVがここまで発展したのはモザイクがあったらこそだと思っています。
猥褻とはもっと別のものだと思います。見た人が猥褻と感じる作品をこれからも自分は作っていきたい。

テーマ:エロス - ジャンル:アダルト

映像の表現
昔、(30年前ぐらい)開高健のエッセイの中で北欧のフリーセックスのことが書かれていて「大又開き(グランデカール)、男と女、女と女、黒と白、人と動物、ありとあらゆる組み合わせや開放を行った後に、やっぱりエロスは隠すことに戻ってくる」的なことが書いてあったような記憶があります。想像力がエロスの源泉ですよね。

VIDE倫とか認定団体とか、映像の製作(販売)にはいろいろな問題が絡むのですね。それもモザイクの荒さという非常に微妙なところで。ピンク映画と呼ばれた頃に比べると現在はとてつもなくリアルな映像ですから、見るほうは大変嬉しいんですけど、人間きりがないですから、さらにヒートアップを期待してしまいます。でもそれが当たり前というかマンネリ化してしまうと、すぐに次を求めてしまうわけですよね。想像力を掻き立てる新しい手法や映像、クリエイターに求められることはいつも大変ですね。すみません見て楽しむ側の勝手な感想です。<m(__)m>
【2007/08/25 Sat】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
森のクマさん
AV業界の審査団体はいくつも乱立していて、よくわかりません。ただGASはモザイクの薄さで勝負するメーカーではないので救われます。
ビデ倫には以前からずぅ~とお世話になっていたというか、闘ってきたというか。
しかしビデ倫がこうなると複雑な思いがあります。時代の変革を感じます。
【2007/08/25 Sat】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
時代が変わると大変ですネ
いつからだろうかビニール本からアダルトビデオ。そしてAVのレンタル。今はセルと媒体が変わると共に規制も変わってきたものと思ってました。オナニーの媒体がここ数年で変わりつつある。自分では『オナニズム文化』と称していますが…。

オイラもモザイク賛成派です。昔よく外人モノ無修正を見せられましたがすぐに飽きてしまう。モザイクには日本人が持つ恥の文化・ワビ・サビ等のエッセンスが凝縮されている様に思います。やはり時代に合わせてのモノがあると思いますが…。

今、どこからAVでの境界も怪しい時代です。現役モデルが儀似セックしてるDVDを着エロと称してAVではない様に流通してる。どこが違うのだろう?絡みがないから?本番じゃないから?

少し話しがずれました。でもこの位時代は変わりつつある。
【2007/08/26 Sun】 URL // ひろ #- [ 編集 ]
モザイクには日本人が持つ恥の文化・ワビ・サビ等のエッセンスが凝縮されている
面白いですね。もしかしたらそうかもしれない。
こんなことを考え実践までするのは日本人をおいて他にいないかもしれないですよね。
恥の文化・ワビ・サビ等のエッセンス。
ちょっと自分も考えてみます。
【2007/08/26 Sun】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
確かにモザイクがあるからという見方
監督、はじめてコメントさせていただきます。

確かに私も無修正にはまったく興味が沸きません。
何故なんでしょうね!?
今のAVに慣れてしまうと確かに80年代のモザイクの大きさには
びっくりしてしまいますが、やはりあるとないのでは大きな違いが
あるのも確かだと思います。

ガスの女優さんはおっぱいで隠せるという業をありますけどね(苦笑)
【2007/08/27 Mon】 URL // NEO #SFo5/nok [ 編集 ]
モザイクはあるよりはないほうが健全だと思います
モザイクはあるよりはないほうが健全だと思います。
精神衛生上もいいでしょうし。自分もモザイクない方が見たいですよ。

ただ見慣れてくると飽きるのも早いのがモザイク無しの方。海外のポルノの出し入れつまらないでしょう?

また作っている側の意見として、出し入れを見せる用に撮っていないから、コンドームしてたり、あるいは濡れていないから無理矢理挿入している風に見えてしまうこともある。モザイクがあるから見えなかった部分が、見えてきてしまうこともあります。
【2007/08/30 Thu】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
審査団体がいくつも存在するとは知りませんでした。

最近の作品は、ギリモザ、ピタモザ、抜き差しばっちりてな売り文句が多いですが、そういう売り文句のメーカーの作品て肝心な中身がぼやけてません?

モザイクが大きく、60分しか収録されてなかった頃のAVって今でも通用する作品、女優さんが沢山存在すると思うんですが、、。
今は作品数も多く、女優もかなり豊富ですし、女性のスタイルも年々進化してますよね。映像技術だって進化してますし、一枚120分も当たり前だけど・・・モザイクが大きかった頃のAVより打たれるもの、感じるものが少ないですし、飽きやすいかも・・・。

桃井潤に、高野らん、久我香織、、監督のビデオ時代の作品もまだまだ大事に一軍で活躍してますよ^^:

いつもガス掲示板では、感想等好き勝手かいてます。すいません。
でもガスには期待してます。石黒セリのような女優は向こう五年は現れないでしょうね。よくぞ6本も撮ってくれました。感激。
【2007/09/18 Tue】 URL // ぱいぱい #- [ 編集 ]
ぱいぱい様
ぱいぱい様
いつも書き込みありがとうございます。

昔の作品は確かにモザイクが大きかったけど、女の子の質は現在と比較しても決してひけをとらないと思います。

自分的には22年くらい前の女の子たち。人前でセックスすることがタブーだった最後の時代。(現在もタブーはタブーですが、当時はAVもアンダーグラウンドだった)
巨乳女優は中村京子、菊島里子、南ゆうこくらいだったでしょうか。
今度、その時代のことをブログに書きますね。
【2007/09/18 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/56-088f4e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。