FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シネマユニット・ガスが20周年を迎えます。わたくし、高槻彰がAV業界に入った年が1983年になります。本日ここまで仕事を続けることができている感謝を込めて、ここまでの足跡をたどってみようと思います。

AV業界との出会いは1982年になります。当時、大学生だったわたしは映像の仕事をしようといろんなアルバイトで映像の仕事を経験しました。企業や市町村のVP撮影やピンク映画の助監督、TVの公開放送のスタッフ、当時好きだった映画監督・池田敏春氏に直談判して助監督にさせて下さい!と迫ったこともありました。しかし映画界の空気はどこか封建的で馴染みませんでした。
大学の映画研究会に所属していましたが、一年先輩に当時の宇宙企画(当時はハミングという社名だった。またCosmos Planというレーベル名だった)に入社した人がいました。後に宇宙企画を支えることになる「さいとうまこと監督」でした。エロビデオなんて聞いたこともありませんでした。それもそのはず、AVという言葉すらなく、ビデオレンタルショップもあまりなかった時代です。
宇宙企画に入社したさいとう監督から撮影を手伝ってくれと呼ばれます。入って半年もしないで監督を始めていたのです!それは驚異でした。ピンク映画でさえ助監督として数年の修行が必要だったのに、たった数ヶ月で監督になっているのです!エロビデオなんていう職業を当時考える人などいなかったので、そんな職業のなり手がいなかったのです。しかし、その撮影は楽しいものでした。今まで経験したすべての撮影で一番楽しかった。悩みながらも女の子に向かい合い、なにかを撮ろうとしていた。自由であるはずの大学の自主映画よりも楽しかった。将来性や収入や差別など一向にお構いなしに、ただ単に楽しいというだけで、自分もこの仕事をやろうと決心したのでした。
今考えると、その時の撮影がシステマチックに、やることなすこと決まったものだったら、やろうとは思わなかったと思う。その意味では撮影現場で悩み、女の子と向き合っていたさいとう監督には深く感謝します。いまの自分はさいとう監督がいなかったら存在していなかったはずですから。
(つづく)

テーマ:出会い ☆S☆E☆X☆ - ジャンル:アダルト

今はライン作業ですね
>その時の撮影がシステマチックに、やることなすこと決まったものだったら、やろうとは思わなかったと思う。

今のセルの主流は決められたフォーマットに女の子を次々に当てはめていく、そういうスタイルですから。
単体をメーンに撮ってらっしゃる監督とお話ししてても「なんか楽しいことやりたいね」というのが口癖だったりして。みなさん、かなり飽きてるな、って感じますね。
インディーズから監督を始めた人から「今は120分以上が主流。昔は60分しかなかったから、今の監督の方が全然キツいよ」なんて話をたまに聞きますが、バカ言ってんじゃないよって話ですね。
今の撮影システムだと女の子と真剣に対峙する局面が極端に少ないので、そういう意味では今の方が現場レベルでは楽だと思います。かくゆう僕もインディーズからの男なので偉そうなことは言えませんが。
AVの撮影現場から純粋な「監督業」が消えて数年になりますが(もちろんそうでないメーカーもありますが)、そういう流れに一石を投じたいですね。
【2007/09/21 Fri】 URL // しのだまさひろ #4mJvmNnY [ 編集 ]
監督とは?
>ピンク映画でさえ助監督として数年の修行が必要だったのに...
高槻監督はすぐに監督という仕事をし始められたんですね。ところで、スゴーク素人の質問なんですが、そもそも監督の役割って・・・(>_<)簡単に説明していただければありがたいんですけど。・・・・実は「撮影」これはカメラを向けて撮る仕事でしょうし、「脚本」これは本(ストーリーからト書きまでいろいろ)を作る仕事、照明・音響この辺もわかりますし、演出(もしかして演技指導)あたりはちょっと判りづらくて。プロデューサーになると作品の製作、お金の工面まで全部見る仕事。等々とイメージが出来るんですけど。監督ってお仕事はナニが一番大切なんでしょうか。というより役割というか使命というか。オーケストラの指揮者(コンダクター)みたいなものなのかな、などと勝手に考えたりしております。
高槻監督のHPに入っていて失礼を省みずお教え頂ければ嬉しく思います。<m(__)m>
【2007/09/22 Sat】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
しのださん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
確かに今はライン作業ですよね。わかりやすくいうと、AV業界じたいが分業制になり、監督は監督、女優は女優という、それぞれの仕事をきっちりやるという風潮になりました。
女優の顔色を窺いながら、その場で口説きながら撮影するという曖昧さはなくなりました。
またレンタルからセルになり、撮る内容もニーズに合ったものを撮るように変わってきました。
監督さんたちが飽きられているのも分かる気がします。

女の子と対峙しながらする撮影と、決まったことを粛々とこなす撮影。どちらも善し悪しはあります。対峙しながらのドキュメントだったりすると、撮りテープが山のようになります。編集は自分は毎回三週間くらいかけて作っていました。しかし決まったことを粛々とこなす撮影の編集は三日から五日間くらいでできてしまう。同じAVですが、別物ですね。

もしかすると、疲れるのはライン作業の方かもしれませんよ。対峙したり、山のようなテープの編集の方が達成感がありますから。まあどちらにしても、一般の方々に比べたら楽しい仕事ですから、この仕事ができて有難いですけど。
【2007/09/23 Sun】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
森のクマさん、いつもコメントありがとう
監督の仕事は「どう撮るか」を決めることです。
例えば、巨乳にこだわるといっても、どうこだわるのかを決める。メイクを指示するのも、衣装も、男優への指示もすべて監督の仕事です。確かにオーケストラの指揮者と同じですね。
またいつでもわからないことがありましたら、コメントして下さい。
【2007/09/23 Sun】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
ご丁寧な回答ありがとうございます。
監督をするとは「どう撮るか」ということを決めること。凄くはっきり判ったような気がします。ありがとうございました。
いつも友人の指揮者に「よく複数の楽器の音の違い判るね」と質問すると「この部分をどの楽器にこう演奏してもらいたいってイメージが先にあるから」と言われたことを思い出しました。きっと映像も同じで高槻さんが作品を作る時には「監督する」頭の中に映像のイメージがあるんでしょうね。でも作品を作るって言うのは正にプロの仕事なのに、度素人が評価出来てしまう、(勝手に好き嫌いが言える)難しい作業ですよね。

高槻監督が作品をとられて、出来上がった後でイメージが違う場合というのもあるものなんでしょうか。それと、昔自分も写真をやっていたとき(デジタルのずっと前)「写真は半分は暗室で作る。」という先輩の言葉
を今でも覚えているですが、監督の作品の中での「編集」という作業は随分大きいものなんでしょうか。またお時間がるときにお教え頂ければ嬉しく思います。
【2007/09/23 Sun】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
すごい。
難しいことはわからないけど。
映像のことも何もわからないけど。
高槻さんの文章からはすごいってことが伝わってくる。
こんなすごい世界に、男として入りたかった。
20周年、おめでとございます。
【2007/10/02 Tue】 URL // love_ratu #JalddpaA [ 編集 ]
love_ratuさん、コメントありがとうございます。
女性の方の応援有り難いです!

自分としては凄い世界に入ったというより、当時はドロップアウト指向の方が強かったかもしれないですね。大学出てこんなことしてていいのか、という想いも少しはありましたが、好きだったので仕方なかったですね(笑。
【2007/10/02 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
エロはオトコだけのモノじゃありませんから^^
これからも私たちの本能に火をつけてください!
【2007/10/03 Wed】 URL // love_ratu #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/58-fae24201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。