FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1988年4月、シネマユニットガスを設立しました。ソウルオリンピックが開催された年です。バブルの勢いがでてきた頃で、仕事はたくさんありました。
AV業界のバブルはどういう感じだったのでしょうか。第一次AVブームがわき上がり、レンタル店があっという間にできてきました。ビデオはどんどん売れました。メーカーも制作会社も商売の上手な会社は売り上げを伸ばしていきました。
宇宙企画を代表する美少女ブームの一方、他社メーカーでは淫乱路線も出てきました。豊丸さん、咲田葵さんが代表格です。単体・企画のはっきりした区分けが始まったのもこの頃です。私には淫乱物の依頼がよくきました。内容は面白ければOKでした。いろんなメーカーとお付き合いをさせていただいておりましたが、どのメーカーのプロデューサー方もセックスの中味よりはストーリーや情緒(映像の中で女の子を実感できるかどうか)を大切にしていました。
当時の私は、本番するのが当たり前と思っていて、宇宙企画の疑似本番系の撮影には違和感を感じていました。異分子のような私を使ってくれていたのが、宇宙企画のプロデューサー高野氏でした。高野プロデューサーは疑似本番の女優を好きに撮らせてくれました。幻想としての女の子を見せるのがAVの仕事ですが、まだ若かったこともあり作品の中で未熟な表現をしていました。お金のためだけにやっている態度を見せる女の子には、敢えて否定的な描き方をしました。今考えると女に対する復讐をしていたような気がします。ただ作品だけはしっかり作り上げていました。プロとして面白く見せる工夫は忘れませんでした。仕事量は通常のAVの4倍の労力を使っていました。通常5日程度で仕上げる編集を三週間くらいかけるのです。AVではなく、毎回自主映画を作っている感覚に近かったかもしれません。そんなバカげたことをしているAV制作会社、監督はほとんどいませんでした。楽に稼げるのに、自分の達成感や作品への想いを大切にしてるのですから。高野プロデューサーは宇宙企画という美少女単体メーカーの中にいて、こんな自分を使ってくれて今もって感謝いたします。
普通のAVも撮ってはいましたが、会社および自分はAVの異端児になりつつありました。90年には平野勝之という自主映画出身の監督が入社します。彼の活躍もあり、GASは非AV的だが面白いものを撮る会社というイメージがますます定着します。住居侵入したり(「NGナシ」高槻・宇宙企画,91)、走るワゴン車の中で拷問したり(「水戸拷問」平野・V&R,92)、下水道の中で撮影したり(「ザ・ガマン」平野・V&R,93)、実家にAV女優を連れて帰ったり(「わくわく不倫講座」平野・V&R,95)、AV女優に結婚させたり(「結婚してみませんか」高槻・V&R,00)思いつく限りの楽しい映像を撮り続けていました。セックスさえあれば許されていました。仕事が本当に楽しかった。私は30歳を越えていましたが、青春のような勢いがありました。世間はバブル真っ盛りで日本国中が盛り上がっていましたが、仕事が楽しくて世間的な遊びには一切興味がわきませんでした。
だいぶ儲けた業界人も多いと思いますが、自分にとってのバブルとは面白いことをいろいろやらせてもらえた時代ということになるでしょうか。無駄なことがたくさん出来て、とても有意義な時代でした。

当時のGAS作品
「超AVアイドル伝説 桜木ルイ」(高槻)、「VIPスペシャル 林由美香」(平野)(ともにアトラス21)、「Fuckは永遠に 里中あやか」高槻(宇宙企画)など

当時活躍していた女優
樹まり子さん、松坂季実子さん、あいだももさん、飯島愛さん、憂木瞳さんなど。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

なつかしい名前が出てきて…。この頃ちょうどAVを見なくなってきた頃でした。見てないというより見る暇がなかった。たまに単体女優モノを借りる程度だったかな?確か。

業界的には色々な種類の作品が出始めた頃ですよネ。
時代背景と伴って見てるだけで、ある意味勉強になります。おもしろいし、懐かしいし。続き楽しみにしてます!
【2007/11/09 Fri】 URL // ひろ #- [ 編集 ]
ひろさん、コメントありがとうございます
AVを観なくなったのはバブルで忙しかったからですね。
いろんな意味で価値観が変わった時代ですね。
【2007/11/13 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
出逢い
自分は30越えの独身ですが、理想の彼女は胸が大きいグラマーな方と出逢いたいです、が、なかなか見つからないのです。ここは爆乳女性がこんなに揃っているので、よくビデオを見ています。でもどうやって見つけているのでしょうか?何かアドバイスをいただけたらと思います。
【2007/11/13 Tue】 URL // てんぷら #mQop/nM. [ 編集 ]
出会いのアドバイスですか・・・
てんぷら様
それをお教えするのは本を書けちゃうくらいのことになりますよ。
まずはそういう方にお近づきにならないと話は始まりません。通ってその女性の求めていることを知ることが第一ではないでしょうか。
私の場合は仕事だからできるのです。個人的なナンパはできませんから。
そこからして違っておりますので、あまりアドバイスとしては的確ではないかもしれませんね。
【2007/11/13 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
本♪
仕事としての女性へのアプローチ、高槻監督の女性やエロに対する思い。

非常に興味あります。早く執筆して下さい♪
【2007/11/13 Tue】 URL // love_ratu #JalddpaA [ 編集 ]
love_ratuさん、コメントありがとうございます
本ですか。
引退してから書きたいですね。
AVやセックスのことを書いて、それで生活できればいいなあ。
老後の夢です。はじめて老後を意識しました(笑。
【2007/11/14 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
バブル時代のAV女優・・・マイナーですが、里美エリという、ワンレンボディコンな女優さんがいました。スレンダーで釣鐘型の綺麗なバストが良かったです。懐かしい。

監督、AVグランプリはなぜあんな作品に決定されたのでしょう?手抜き感出過ぎではありませんかね?ファンとしては失望です。ガス女優オールスターモノとか、サプライズな女優のデビュー作でも作って欲しかったですね。

ガス掲示板にも思うこと、感じた事かいてます。文句ではなく感想、意見であることご理解下さい。好きだからなんでも最高!いい!てのはありえないと思うんでホンネかいてます。
【2007/11/14 Wed】 URL // ぱいぱい #- [ 編集 ]
ぱいぱいさん
ぱいぱいさん、コメントありがとうございます。素直に書いていただき、応援していただいている気持ちはよく伝わっています。わざわざこちらに来ていただき、自分こそ待ってました!という気持ちです。

AVグランプリは、あまりに大きいイベントかつ大きい流通なので、懐を借りた勝負というようは宣伝としてとらえようと参加しました。それがベスト版という形になりました。以前AirBoobというメーカーで失敗してしまったのもあり、まずはGASを知っていただくことだと思っています。
ぱいぱいさんのお気持ちはとても嬉しく受け取らせていただきます。
【2007/11/15 Thu】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
20年の歴史
GASはほんとに二十歳の誕生日をむかえるんですね。20年前の女優さん豊丸さんとか咲田葵さんの名前が出ると懐かしいです。皆さんどうされているんでしょうか、AV界では本当に一世を風靡されていましたね。
高槻監督のAV(セックス)を撮りつつ面白いことをやっていたと言うお話しの中にバブルの雰囲気が伝わってきます。確かにお金に還元も出来たのでしょうが何かを作る側にはゆとりと言うか、わがままが許された時代が一時期あったのかもしれませんね。

20年前にすでにAVと言う呼称はポピュラーになっていたんでしょうか。
ピンク映画からブルーフィルム、・・・・アダルト物という響きとも「AV」と言う呼び名は違った感じがしますよね。今はもうDVDですけど「AV」という言い方以外思いつきませんし。

この後の高槻監督の話にも出てくるのかもしれませんが、「ハメドリ」と言う方法(これはハンディのカメラが出て来たからこそ可能となった作品なんでしょうが)はいつ頃からなのかも興味があります。AVの製作の方法にも随分と影響を与えたんじゃないかと考えている次第です。
監督が作品を作るのは4倍は手をかけたと言う話しのなかで、以前にもお聞きしたのですが、編集と言う作業。どう撮るかと言う後のことですが
そういったもののお話を続々伺えることを楽しみにしています。
【2007/11/17 Sat】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
ハメ撮り
ハメ撮りを最初に実施して、その言葉を世に知らしめたのは。
かの村西監督だったという私の知識は間違ってますか?
【2007/11/18 Sun】 URL // love_ratu #TY.N/4k. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/26 Mon】 // # [ 編集 ]
ハメ撮りの歴史
森のクマさん、 love_ratuさん
書き込みありがとうございます。

一番最初にハメ撮りを見たのは、僕が4Dに入社する直前の1982年の作品「FT」(その頃流行っていた映画『ET』のもじり)。4Dの小路谷監督作品の中で、社長の大滝氏が業務用の3/4インチカメラを担いで撮ったものだった。カメラはケーブルがデッキと繋がりとても重かったが、元カメラマンの大滝氏は正常位を約3分ほど、そしてお腹に射精した。それまでピンク映画の映像ばかりを見てきた自分にとっては、あまりに生々しいものだった。
それを見た宇宙企画のスタッフたちは、「あんなことして馬鹿なやつ」と呆れていた。本番セックスを裏方であるスタッフがやるなんて考えられない時代だったからだ。
その後も大滝氏がハメ撮りを続けていたら、AVの歴史は変わったものになったかもしれない。

私自身がハメ撮りを初めて試したのは1987年。「淫絶11日間 同棲」というプライベート風の作品だった。
ハメ撮りが世間的に認知されたのはその数年後、伊勢鱗太郎監督作品『勝手にしやがれ』(KUKI)だったと思う。ハメ撮りは村西とおる監督やカンパニー松尾監督に引き継がれていきました。
【2007/11/27 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
説明ありがとうございました。
ハメドリってカメラ機材が小型化してから出来たものではなかったんですか。どうにかして良い絵を取ろうとして臨場感を求める形でチャレンジされたものっだんですね。高槻監督が試したのが87年ならまだまだ機材は大きいものでしたよね。大変だったんでしょうね。先人というのはどうしても馬鹿にされてしまうんでしょうかね。時代のテンポと合わないと難しいことなのかも。

今のAVも全部時代とともに進化・変遷をしてきたんでしょうけど。ピンク映画が上映されていた時代のお客さんに時代を飛び越して、今の作品を見せられたらお客さんもびっくるするでしょうね~。なんかそんなところを見てみたいな。

お客さんの反応(媒体とすれば売れ行き)が作品を変えてくるのでしょうし、新しい作品がお客さんの反応を変えていくんですよね。もちろん個人の好みはありますが。
高槻監督も引き続きいろいろチャレンジして行ってください。作品を楽しみにしております。
【2007/11/27 Tue】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
結婚しませんか?
「結婚しませんか?」はDVDになってますか?
【2007/12/19 Wed】 URL // okoku #- [ 編集 ]
okoku様
問い合わせありがとうございます。
残念なのですが、「結婚しませんか?」はDVDになってないのです。

この作品に限らず、多くの監督の名作が埋もれてしまう運命にあります。惜しいです。
なんとかしたいと思うのですが・・・
【2007/12/19 Wed】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
こんにちは
以前投稿しました。お返事ありがとうございます。あれからは街中など爆乳女性は全然見つかりません。私は北海道に住んでいますが、割合的にいないのでしょうかと考えています。飲み屋に行っても見つからないですね。地道には探していますけど、何か見つけ方などがあったら教えていただきたいと思っています。
【2007/12/23 Sun】 URL // てんぷら #mQop/nM. [ 編集 ]
なかなかいませんよ
てんぷらさま
コメントありがとうございます。
爆乳女性はなかなかいませんよ。見つけ方なんてないです。
あったら教えてほしい(笑。 だから大変なんですから(涙。

【2007/12/25 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
「NGなし」について
高槻様、はじめまして。
平野勝之監督のことを調べていたらこのブログにたどり着きました。
私は、90年代前半に撮られた露出作品に興味があるのですが、
高槻様の「NGなし」の住居侵入とはどのようなことをされたのでしょうか?
文字通り住居侵入した先で撮影されたのでしょうか???
インターネットで調べてみたのですが、この作品に関する情報がほとんど見当たりません
でしたので、どうか詳細を教えて頂けませんでしょうか。
【2008/08/17 Sun】 URL // コモン #KD5XUSzs [ 編集 ]
NGナシ
コモンさま、お問い合わせありがとうございます。

この作品のテーマは「いつでも、どこでも、誰とでも」というもので、布団をもって行く先々で男優と女優とのカラミを撮りました。
どこで撮ったのかは忘れてしまいましたけど。
興味をもっていただいて嬉しいです。
【2008/08/18 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/61-1e65fca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。