FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまから20数年前のこと。大学を卒業した自分がAV業界に就職した瞬間の記憶があります。大学時代からいろいろな映像の仕事を経験し、その中で一番面白かったのがAVだった、というのは以前も書きました。
当初自分がお付き合いをした会社は宇宙企画という、大学の映画研究会の先輩(さいとうまことさん)が入社した会社でした。そこで多くの方と知り合いましたが、宇宙企画を辞めてAVの制作会社を作った若き監督もいました。小路谷氏という、ドキュメントでAVを撮った最初の監督です。昨今のドキュメント風AVと違い、彼の作品は、次はどうなるか展開のわからないドキュメントを取り入れた独特な作風で天才と囁かれておりました。自分は彼の才能に惹きつけられていました。
その彼の会社・4D(フォーディ)に自らの企画を持って行ったときのことです。自分の企画とは「小人FUCK」という、知り合いになった小人俳優の劇団員に出演してもらうもので、アブノーマルかつスキャンダルを売りにしたものでした。
僕の企画を読み終わって、「この企画はいいから、この企画をやらないか」と別企画を持ちかけられたのです。(のちに「ビデオスキャンダル」というタイトルになる。)それは最高に盛り上がっていた風俗業界を扱ったもので、初の情報ビデオの企画でした。内容は確かに面白く、売れそうでした。監督をやりたい、と思いました。彼は一つだけ条件を出しました。
「4Dに入社すること」
その場で判断を求められました。小路谷氏に言われて知ったのですが、そのときの僕の表情はとても苦痛そうだというのです。僕はかなり困ったのでしょう。監督はやりたい、でも就職となると他の仕事ができなくなる。それ以前に、AV業界に就職することになるんだ・・・。
AV会社に入社する決断は断固としたものではなく、心許ないものでした。

苦痛そうな表情をしていたその瞬間をたまに思い出すのです。AV業界に入って20数年経ちましたが、その心許ない決断を後悔したことは一度もありませんでした。逆にこの仕事で自分が解放されたという実感を得ることになります。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

偶然と選択
行動を起こす時というのは「何となく選ぶ」時もあれば「考えて考えた末でも決断が下せない」ときもありますね。特に仕事を選ぶときなんかは。
高槻さんは4Dに入社する時、苦悩の決断をされたように見られてたんですね。

キャリア(仕事人生)を歩む考え方にプランドウ・ハプスタンス・セオリーと言うのがあるようです。仕事人生いくら計画を綿密に立てようとしても結局は予定どおりには行かない。いろんな偶然が起こって来るわけですから。ただ、「偶然」を計画の中に取り入れる準備はできると言う様な考え方だそうです。(ちょっと違うかな)

小路谷氏の作品にひかれ、自分も作品を作ってみたいと言う高槻さんの姿勢は計画的だったのかもしれませんが、小路谷氏から急に「会社に入れ」と言われて答えを求められたりしたのは偶然でしかないですものね。そこでの判断が今の高槻監督を有らしめているんですからほんとに「偶然」と「選択」は不思議です。

苦痛そうな表情・・・なんか辛そうな感じが伝わります。そのことを思い出すことは、高槻監督の原点みたいなところだからでしょうか。

作品を作る時も何かの偶然が左右することって多いですか?
また、何かを選択してGOOD,BADに分かれることなんかも・・・・・
お時間の許す折など興味深いお話などお聞かせください。
いつも長くてスイマセン<m(__)m>
【2008/06/18 Wed】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
森のクマさん、いつもありがとうございます。

AV業界に四半世紀いる自分でさえ、最初はAVに抵抗があったということです。
自分も女の子をスカウトをしますが、彼女らもAVの壁を乗り越えて来てくれているという想いがあります。

そういえば、スカウトをしている瞬間の彼女らの顔も忘れることがありません。
自分も含めて原点は忘れられないのでしょうか。
【2008/06/19 Thu】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
迷いもなく自信満々に好きなことをやってる人は、楽しそうだけど傲慢に見えるところがあります。

迷いや悩みを感じない人に女性は心は開けません。身体は開けても(笑)そんな表面だけ開かれたものより、顔とかスタイルじゃなく、普段見れない解放された女性のエクスタシーを見たいので…高槻さん、どんどん女優さんのいろんなところを開いて下さい(笑)
【2008/06/21 Sat】 URL // love_ratu #xypKCxSw [ 編集 ]
love_ratuさん、メッセージありがとうございます。

開きたい、開きまくりたいですね。
「普段見れない解放された女性のエクスタシー」見たい!
そういう撮影が一番楽しいです。
繰り返されているAV的なカラミは撮っていても飽きちゃいますから。

【2008/06/22 Sun】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
すごいです!
以前、高槻さんが「その当時AVに就職するのは今で言うと…はじめから裏ビデオの世界に入るくらいのことだった」と語られたことを思い出しました。
でも、その道をずっと歩いてきて、今「その心許ない決断を後悔したことは…」なんて言えてしまうところがすごいです!
ふと思ったのですが、「次はどうなるか展開のわからないドキュメントを取り入れた独特な作風」って高槻さんの作品の形容にも思えますし、GASさんの作品の中にもある気がするのですが…(笑)
【2008/06/29 Sun】 URL // いは #- [ 編集 ]
光栄です
いはさん、メッセージありがとうございます。

「その当時AVに就職するのは今で言うと…はじめから裏ビデオの世界に入るくらいのことだった」
なんていうこと、よく覚えてらっしゃいますね。

そして、「次はどうなるか展開のわからないドキュメントを取り入れた独特な作風」って高槻さんの作品の形容にも思えますし、GASさんの作品の中にもある気がするのですが…
というところも。

よく覚えておられて大変光栄です。ありがとうございます。
【2008/07/01 Tue】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/69-650746bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。