FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他人(の心)を傷つけてしまったら謝らないといけません。
謝罪はとても大変なことです。

オウム事件の一つ、地下鉄サリン事件で実行犯の一人、元医師の 林郁夫がいる。オウムに入信し、組織内でマインドコントロールにかかり、地下鉄車内でサリンを散布し何人もの死者を出してしまった、その実行者である。逮捕された後に、彼の書いた長文の謝罪文が月刊誌に掲載されました。謝罪し、贖罪する彼の気持ちの真実がそこにはありました。上手なだけの文章なら、人々の心に響きません。行間から溢れる謝罪贖罪の気持ちが伝わるからこそ、その文章が真実になりえるのです。真実に触れたときに人は感動します。自分はそれを読み、涙が溢れたのを思い出します。
他の実行犯の判決が死刑ばかりなのに、彼だけが無期懲役になりました。何人も殺害した被告でしたが、検察は林被告には死刑を求刑しませんでした。「捜査に協力的な点や、公判の中で遺族・被害者側が改悛の情があるとして必ずしも死刑を求めなかったこと、サリン散布の実行犯であることを捜査側が関知していない段階で自ら告白した点、罪の呵責に喘いでいる点などを考慮し、検察は林の全面自供により地下鉄サリン事件の全容が明らかになったことが自首に相当するとの判断を下し、(中略)無差別大量殺人事件の実行犯に対し検察側が自発的に求刑を軽減するのは極めて異例のことである」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E9%83%81%E5%A4%AB)
真摯な気持ちなら伝わるのです。逆にいうと真摯な謝罪しか伝わりません。


足利事件の冤罪被害者となった菅谷さんは17年間の服役後、栃木県警本部長に謝罪されました。「許す気になった」と、菅谷さんには本部長の気持ちは伝わったようです。


逆の例が殺人犯・酒鬼薔薇聖斗の母親でした。酒鬼薔薇事件の概要は言うに及びませんが、母親が書いた手記本『「少年A」この子を生んで』 がありました。被害者への賠償に役立てるために出版に踏み切ったのでした。殺してしまった子供へのお詫び、どうしてそうなったのか、自分の躾に問題があったのか、などが書かれておりました。その事件への戸惑いに終始していたように思います。
その本を読み釈然としない気持ちになった。林郁夫のように人生をかけて謝罪し、贖罪する気持ちが伝わることはなかった。
子供が犯した事件に親が責任をとるのは、ある意味可哀そうだという同情もありますが、しかし被告は未成年ですから、社会的な責任を親がとるのは仕方ないことでしょう。
酒鬼薔薇聖斗の両親は事件発覚後、被害者への謝罪に行ったのは、警察に促されてからだったし、酒鬼薔薇の両親にはなにか大切なものが欠落しているように思えてなりません。


自分も謝罪経験があります。自分が撮影した女優をプライベートで口説いたことがありました。口説いたと言っても、映画を一回観に行っただけで、何事もなかったのですが。
その女優とのプライベートの実話を馬鹿正直に映像(AV)化したことがありました。その女優は当人に演じてもらい、監督役名を「わかつき」とかして。なんで自ら浮気をばらすようなことをしたかというと、その当時はなにを撮っても許される時代で、私小説みたいなAVを作っては遊んでいたのです。そのビデオを妻に観られてしまったのです。
それとは別の作品でその女優と絡んだ(本番した)こともばれてしまいました。
もちろん妻には怒られました。「仕事のためにしている」「プライベートを曝け出す仕事」などの言い訳はまったく見透かされてしまうだけです。
もう何日間も同じ話ばかり。妻は誤魔化して適当にするのが大嫌いな性格で、自分が納得するまでとことん話します。
結局、長い時間の話し合いにも応じ、その女優さんとは個人的には何事もなく、また自分が馬鹿正直にすべてを曝け出して映像化しているのが幸いしたのかもしれません。まあ言ってみれば、自首みたいなものなのですから。
その撮影を下請けした出た利益全額を、慈善事業に寄付することでようやく修復ができました。一度信頼が崩れると、それを立て直すのに倍の時間と労力がかかるのよ、という妻の言葉は身に沁みています。罪を悔いあらため謝罪するのは大変なのです。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

高槻監督 9月中旬の撮影で大変お世話になりました。

誠心誠意 これを文字で書くと簡単ですが、人間の行いでこれを
実行するのはとても難しいことだと思っています。
それを考えるとオウムの林被告は、自分たちが犯した罪と真正面から真摯に逃げることなく向き合い、懸命な謝罪を続けているので、これからいつ社会復帰が出来るかは分かりませんが、更正を応援したくなります。

私自身や家族はオウムのサリン被害者ではありませんが、許される範囲であれば例え悪いことを犯しても、国家からの罰を受け、その後も精一杯更正を頑張る人には心からの応援がしたいです。
それと同時に、なぜ人の痛みが理解でき心底から罪を反省できる人が不可解な犯罪を犯してしまったのかと未だに疑問を感じます。
【2009/12/19 Sat】 URL // 九州競馬のりまろ #1YN0s4TU [ 編集 ]
謝罪…。人間生きていれば必ず発生する事案ですネf^_^;

オイラは営業の仕事してた時、1ヶ月謝罪でお客様のお宅を廻った事があります。自分の部下の不始末でした。

変な意味で慣れてしまった感もありますが…。

やはり気持ちが入って無いと許してもらえないと思います。

しかし…。AVでのは、やり過ぎみたいでしたネ(>_<)

オイラが思うに高槻監督はドキュメント作品の監督が向いてる様な気がしますけど…。

【2009/12/19 Sat】 URL // ひろ(大泉戦車隊) #- [ 編集 ]
謝罪について
今日は謝罪という硬いお題ですね。
これ苦手なことです。
話は変な所に飛びますが、「祈り」というものに種類があるというのはご存知でしょうか。

「礼賛の祈り」「とりなしの祈り」「感謝の祈り」「懺悔の祈り」そして誰でもこれはやっている「願いの祈り」。キリスト教では祈りにはこの五つがあるなどといいます。

小生も信仰はもってはおりませんので神を崇める「礼賛の祈り」は理解がしずらいのですが、他の4つについては比較的理解が出来ます。特に「願いの祈り」なんてのは「○○時の神頼み」はしょっちゅうですから。
でもなかなか出来ないのが「懺悔の祈り」なんですね。まあ「ごめんなさい許してください」という祈りなんですけど。これって謝罪とちょっと似ていませんか。

これは日常でもそうですけど、「ごめんなさい、許してください」心から言うのは結構ハードル高いですよね。自我がある人間としては当たり前ですけど。身構えて生きてきた者にとっては特に難しいことではないでしょうか。

その殻を脱ぐことを迫られる、裸になる(AVの大変さと通じますけど)ことの難しさでしょうか。
小生も素直に謝れるように成長したいと思います。
【2009/12/20 Sun】 URL // 森のクマ #- [ 編集 ]
九州競馬のりまろ
お久しぶりです。
その節はお世話になりました。

昨日、TVで観た小室哲哉の懺悔。「良かった」というと語弊がありますが、涙が止まりませんでした。心のこもったものには真実を感じます。

また是非あそびにいらして下さい。
【2009/12/21 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
ひろさん、いつもコメントありがとうございます
<オイラが思うに高槻監督はドキュメント作品の監督が向いてる様な気がしますけど…。

自分もそう思います(笑。
ドキュメントをまた撮りたい!
【2009/12/21 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
森のクマさん、いつもありがとうございます
自分が時にこうありたいと思う人が林郁夫氏です。
彼の失敗は反面教師として、雑誌で読んだ氏の謝罪文は自分の人生にためになりました。

謝罪を失敗した吉兆の「ささやき女将」は逆に面白かったけど、あそこまできちんと謝罪できない人が本当に多すぎると思います。生き方の問題ですから。
【2009/12/21 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]
私は謝罪される立場にありましたが、どうしても相手を許す気持ちになれず、でも形式上は許すことにしなければならなくて…結局は自分が壊れてしまいました(笑)奥様は懐の深い方ですね。私もとことん突き詰めて納得して解決すればよかったなぁ。もうちょっと勇気があれば…
【2010/01/01 Fri】 URL // ふじこ #JalddpaA [ 編集 ]
ふじこさん、あけましておめでとうございます
コメントありがとうございます。

許すというのは難しいです。
謝罪する側は痛みはありませんから、まだ楽ですけど、
被害者側の実際に傷ついた心が元に戻るには長い時間がかかります。
一人で自問自答して自分を追いつめてしまうこともあるでしょう。

一日も早く癒されることをお祈りいたします。
【2010/01/04 Mon】 URL // Akira Takatsuki #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://akiratakatsuki.blog85.fc2.com/tb.php/96-a8cab2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。