FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記


お待たせ致しました。お待たせし過ぎたかもしれません。
撮り始めたのが2001年なので、劇場公開する2015年には15年かかってしまったことになります。
「待たせすぎだ」との指摘もございました。お待たせしすぎてごめんなさい。

面白くなりそうな確信はありましたが、どういう形の作品になるかは手探りでした。
編集しては物足りなさを覚え、また直しの繰り返しでした。

村西とおる自身は「もがき」続けた15年でした。
そのもがきに多くの人が巻き込まれ、借金はどんどんふくらみ、それでも次の一手を探し続ける。切なくもありますが、可笑しい映画です。

村西とおるをご存知の方の多くは40代以上だと思います。
バブルの時代、AVの全盛期、女優の黒木香さんとともに、AVの帝王としてテレビや雑誌によく取り上げられていました。AVを観ない人にも知られているくらいの有名人でした。
 
彼がメディアで騒がれることがなくなっていた2001年から撮影をスタートしました。しかし村西とおるは圧倒的な存在感でした。
こんな男がいるんだ、自分も頑張ってみようと、観た後に元気になる映画です。

2014年11月28日〜30日に、第一回新人監督映画祭が開催されました。その映画祭に特別招待され、一回こっきりの上映を致しました。試写もしていない初めてのワールドプレミア上映でした。
お客さんの反応を見ながら、「ようやく映画になったんだ」と一人感慨深いものがありました。

皆さんから、15年の撮影期間のことをよく言われます。諦めずに頑張ったと褒めていただくことが多いです。しかし長い期間、気持ち良く撮らせて下さったのは村西さんです。15年もの間、撮影にお付き合いしてもらえるなんて普通は考えられません。その男気に感謝しています。

劇場公開は2015年夏頃を予定しています。映画は編集手直しで磨きをかけて、再び皆様の前に登場させていただきたいと思います。それまで、お待ち下さい。ますます、お待たせし過ぎですね。


第一回新人監督映画祭で「ナイスですね 村西とおる」は賞をいただきました。
男優賞 村西とおる
ある視点部門 審査員特別賞 高槻彰
http://goo.gl/BJ3ni2

女子校に通う普通の、でも胸だけは大きい女の子がいました。小学生の時から、エッチに興味があり、高校一年生(15歳)で当時付き合っていた20歳のリーマンに処女をあげました。その彼とは盛ったようにエッチしていました。

高校3年生になった頃、いつもの通学電車で痴漢に遭いました。怖くもありましたが、痴漢に興味もあったので、されるがままでいました。初体験以降、セックスへの興味は膨れ上がり、出会い系で知り合うのも含めて100人近くの経験をしていました。痴漢は初めてでしたが、その男は終わると私の制服の胸ポケットに3000円を入れてくれました。そのお金もあり、「まあ、いいか」と思うようになりました。それから毎朝と言っていいほど、その男に痴漢されるようになったのです。そして必ず3000円を胸ポケットに入れてくれる。いつしか、毎日の決まり事のようになっていきました。

痴漢を受け入れるくらいですから、私はスケベでした。車内で濡れてしまい、指を挿れられることもしょっちゅうです。濡れたまま学校に行き、授業を抜けだしてはトイレでオナニーをしていました。
その頃、ネット掲示板にエロ写真を貼り付けるのが巷で流行っていました。私は、学校のトイレで濡れたアソコの写真を撮り、裏掲示板に匿名で載せるようになりました。みんなが興奮してくれると私も興奮しました。痴漢やネット掲示板。私はこっそり一人で愉しむオナニーが好きみたいです。

ある朝、いつもの通学電車で、5人の男に囲まれました。いつもの痴漢の他、4人は初めて見る男たちでした。5人に囲まれてるのは車内でも不自然だったと思います。乗客にはおそらく気づかれていたと思いますが、誰も注意も通報もしませんでした。その時の痴漢は凄かった。みんなに指を挿れられ、すごく興奮しました。最後はみな3000円をポケットに入れてくれます。リーダー格のいつもの痴漢が仕切っていたようです。後日、いつもの痴漢に尋ねてみました。あの4人はなんだったのか。実は自分が作った痴漢のサイトがあり、そこできみは有名な女子高生だと。あの4人はそこの仲間ということでした。なんて書かれているのか怖くて、結局そのサイトを見ることはありませんでした。高校を卒業し、痴漢と会うこともなくなりました。

好きなセックスは、私を激しく欲しがってくれる人とするエッチです。自分に自信がないから強く求められたいんです。今でも痴漢は好きかもしれません。わざと混んでいる方に乗ってしまいます。

風俗を始めてからはエロくなくなりました。欲求不満になる前に疲れて寝ちゃいます。エッチが仕事になるとエロくなくなるんですね。でも風俗を辞めたら、きっとまたエロくなると思います。
こんなことを話すのは初めてです。誰にも言ったことがありません。こんな話、面白いですか?
お客さん、話だけで勃ってますね。こういう話を聞いてる方が好きなんだよ。その方が興奮する。なら良かったw

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

すごく久しぶりの日記です。あまりに久しぶりなので再開するときは、すごく言いたいことが出てきた時になるんだろうな、と思ってました。でも実際は、新作の宣伝になりました(笑。

「爆乳とホテルにしけ込んでモミモミ  露出わがまま3PイキまくりSEX中毒」

監督になって30年になりますが、自分のAV監督としての資質には二つの要素があると思っています。元々巨乳爆乳好きということもあり、一つは巨乳フェチです。現在のGASはそれで成り立っています。そしてもう一つは、ドキュメントです。AV監督になって20年間はずっとドキュメント路線を突っ走ってきました。不思議なのですが、作品の中にその二つが融合することはあまりなく、ドキュメントと巨乳を撮る時ではまったく思考が変わるのです。
巨乳爆乳を撮る時の思考は、工芸品を作る職人みたいなものです。衣装やメイクに気をつけ、おっぱいの見せ方に注意を払います。おっぱいや肢体を魅力的に描くことがテーマになります。一方ドキュメントの時は、映画志向が強いこともあり、ストーリーの面白さと、「女」としてのキャラや女優の内面を意識します。その女の魅力を引き出すことに、です。自分の頭の中ではその二つは別物で、融合しようとしたことはあまりなかったのですが、なぜか今回はドキュメントから発想してみようと思い立ちました。いまならフェチの要素も組み込める余裕が自分にあり、また女優が松崎ななちゃんだからというのもありました。AV女優として成長著しい彼女だから、ドキュメントの要素を強く打ち出しても、爆乳フェチ作品として失敗しないのではないかと思ったのです。

本作は3つのパートに分かれます。どれも彼女の「女」の魅力に溢れていますが、特に「ワガママ3P」は面白くなったと思います。ななちゃんが男二人を翻弄するワガママぶりを発揮します。「こっちのチンコの方が大きい」「いまはこのチンコだけで充分」など、笑えるアドリブが多々出てきます。「わたし、実は大きいタマタマが好きなの」と女性側のフェチも飛び出してきます。女が愉しむ3Pになりました。やはり面白いAVがいいでしょう。ドキュメントを強く打ち出したこのような作品は、作品の幅を広げる意味でも今後増やしていこうと思います』
gas-324_p.jpg

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

uzuki.jpg

『人間仮免中』(イーストプレス)というマンガを読みました。卯月妙子さんが精神的な病を抱えながら描いた作品です。ものすごく感動しました。

僕が彼女に出会ったのは一枚の写真がきっかけでした。GASの社員監督だった平野勝之さんが撮ったAV作品の中で、井口昇さん(当時AV監督)がバケツ一杯のうんこを頭から被る写真です。その写真を見た卯月さんから、「感動しました。私も同じようなことをしたい」と応募があったのでした。初めて会った卯月さんはとても綺麗な人でした。綺麗なのに普通のセックスは出来ない、スカトロやSMがいいと言うのです。あまりの落差に驚きました。卯月さんの漫画家デビュー作品『実録・企画モノ』(太田出版)には、その当時の話が描かれています。僕と思われる人物も登場します。

僕は1000本くらいAVを撮っていますが、個人的に一番好きな作品は卯月さんの出演作『便器が出るテレビ』です。スカトロ好きの卯月さんをフューチャーしたもので、タイトルは当時人気があったTV番組「元気が出るテレビ」をもじりました。こんなシーンがあります。食糞好きの男が、卯月さんのウンコを口の中でクチャクチャさせながら、「キスしたらダメですか?」と尋ねます。普通の女優はスカトロ好きではありません。仕事でしているだけです。卯月さんは、おそらくウンコが汚いものだと思っていないのでしょう。すごく嬉しそうな顔で頷きます。ウンコまみれの口でディープキス。見るに耐えない行為ですが、見たことのない美しいシーンになりました。マニアの男が、「すごく感動しました。こんな気持ちは生まれて初めてです。今日のことは絶対忘れない。死ぬ間際の走馬灯に出てくると思います」自分はスカトロが正直苦手ですが、そのコメントを撮りながら涙が溢れました。ひとの心を打つものを彼女は持っているのです。綺麗な顔とやることの落差もさることながら、子供のようなピュアさが彼女にはあるのです。

AVは何本か撮影しましたが、その後卯月さんとは疎遠になっておりました。卯月さんの『人間仮免中』が漫画大賞にノミネートされているということを最近知り、読んでみました。
子育てなどいろいろあったようですが、あれからなにも変わらない卯月さんがそこにいました。やってることは物凄いし、めちゃくちゃな人生だけど、可愛くてピュアで、歳をとり人間的に深みが出ていました。

あらためて卯月妙子さんは、根っからの表現者であり、それは天才的なのだと思いました。漫画大賞は残念ながら逃しましたが、読んだ人の心に残る作品です。
漫画の枠を超えて、卯月妙子という存在そのものに感動する作品です。今まで読んだ漫画で一番面白かった。ぜひお読み下さい。


久しぶりのおっぱい日記です。今まではGAS独自でスカウトしてきた女の子を専門に撮っていましたが、いい娘ならいいんじゃないかと、積極的に外部(プロダクション)にも目を向けるようになっています。3月発売「meruちゃん」、4月発売「風音りんちゃん」がプロダクション所属になります。

専属ではないのですが、すごい娘を撮りました。AV風俗未経験の女の子・ももい理乃ちゃんです。デビュー作(6月発売)になります。肌は白く、髪は黒く、張りのあるおっぱい102cm-Kカップ。あどけない顔の20歳です。
風俗経験がないため、明るい部屋でエッチしたことない、男性経験も少なく、パイズリ知らない、そもそもセックスは一年ぶり。初めての撮影は、ないないづくしでとても初々しかった。
ちなみに、写真は衣装合わせの時のものです。撮影の前なので表情がまだ硬いですね(笑)。

男優は大島丈などベテラン男優たち。彼女の良さが充分引き出されています。大島さんはやはり凄い。おっぱいの揉み方や見せる体勢など、女の子に気遣いながらしっかり感じさせ、こちらの思っていることをきちんと形にしてもらいました。ただいま編集中です。みっちり詰まった内容になりそうです。乞うご期待!
写真


JHVさんで、月本るいちゃんを撮らせていただきました。こちらもどうぞ。
http://www.alicejapan.co.jp/promotion/tsuki/fs.html

テーマ:AV女優紹介! - ジャンル:アダルト

BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード