FC2ブログ
シネマユニットガス高槻彰の事務所日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごく久しぶりの日記です。あまりに久しぶりなので再開するときは、すごく言いたいことが出てきた時になるんだろうな、と思ってました。でも実際は、新作の宣伝になりました(笑。

「爆乳とホテルにしけ込んでモミモミ  露出わがまま3PイキまくりSEX中毒」

監督になって30年になりますが、自分のAV監督としての資質には二つの要素があると思っています。元々巨乳爆乳好きということもあり、一つは巨乳フェチです。現在のGASはそれで成り立っています。そしてもう一つは、ドキュメントです。AV監督になって20年間はずっとドキュメント路線を突っ走ってきました。不思議なのですが、作品の中にその二つが融合することはあまりなく、ドキュメントと巨乳を撮る時ではまったく思考が変わるのです。
巨乳爆乳を撮る時の思考は、工芸品を作る職人みたいなものです。衣装やメイクに気をつけ、おっぱいの見せ方に注意を払います。おっぱいや肢体を魅力的に描くことがテーマになります。一方ドキュメントの時は、映画志向が強いこともあり、ストーリーの面白さと、「女」としてのキャラや女優の内面を意識します。その女の魅力を引き出すことに、です。自分の頭の中ではその二つは別物で、融合しようとしたことはあまりなかったのですが、なぜか今回はドキュメントから発想してみようと思い立ちました。いまならフェチの要素も組み込める余裕が自分にあり、また女優が松崎ななちゃんだからというのもありました。AV女優として成長著しい彼女だから、ドキュメントの要素を強く打ち出しても、爆乳フェチ作品として失敗しないのではないかと思ったのです。

本作は3つのパートに分かれます。どれも彼女の「女」の魅力に溢れていますが、特に「ワガママ3P」は面白くなったと思います。ななちゃんが男二人を翻弄するワガママぶりを発揮します。「こっちのチンコの方が大きい」「いまはこのチンコだけで充分」など、笑えるアドリブが多々出てきます。「わたし、実は大きいタマタマが好きなの」と女性側のフェチも飛び出してきます。女が愉しむ3Pになりました。やはり面白いAVがいいでしょう。ドキュメントを強く打ち出したこのような作品は、作品の幅を広げる意味でも今後増やしていこうと思います』
gas-324_p.jpg

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

uzuki.jpg

『人間仮免中』(イーストプレス)というマンガを読みました。卯月妙子さんが精神的な病を抱えながら描いた作品です。ものすごく感動しました。

僕が彼女に出会ったのは一枚の写真がきっかけでした。GASの社員監督だった平野勝之さんが撮ったAV作品の中で、井口昇さん(当時AV監督)がバケツ一杯のうんこを頭から被る写真です。その写真を見た卯月さんから、「感動しました。私も同じようなことをしたい」と応募があったのでした。初めて会った卯月さんはとても綺麗な人でした。綺麗なのに普通のセックスは出来ない、スカトロやSMがいいと言うのです。あまりの落差に驚きました。卯月さんの漫画家デビュー作品『実録・企画モノ』(太田出版)には、その当時の話が描かれています。僕と思われる人物も登場します。

僕は1000本くらいAVを撮っていますが、個人的に一番好きな作品は卯月さんの出演作『便器が出るテレビ』です。スカトロ好きの卯月さんをフューチャーしたもので、タイトルは当時人気があったTV番組「元気が出るテレビ」をもじりました。こんなシーンがあります。食糞好きの男が、卯月さんのウンコを口の中でクチャクチャさせながら、「キスしたらダメですか?」と尋ねます。普通の女優はスカトロ好きではありません。仕事でしているだけです。卯月さんは、おそらくウンコが汚いものだと思っていないのでしょう。すごく嬉しそうな顔で頷きます。ウンコまみれの口でディープキス。見るに耐えない行為ですが、見たことのない美しいシーンになりました。マニアの男が、「すごく感動しました。こんな気持ちは生まれて初めてです。今日のことは絶対忘れない。死ぬ間際の走馬灯に出てくると思います」自分はスカトロが正直苦手ですが、そのコメントを撮りながら涙が溢れました。ひとの心を打つものを彼女は持っているのです。綺麗な顔とやることの落差もさることながら、子供のようなピュアさが彼女にはあるのです。

AVは何本か撮影しましたが、その後卯月さんとは疎遠になっておりました。卯月さんの『人間仮免中』が漫画大賞にノミネートされているということを最近知り、読んでみました。
子育てなどいろいろあったようですが、あれからなにも変わらない卯月さんがそこにいました。やってることは物凄いし、めちゃくちゃな人生だけど、可愛くてピュアで、歳をとり人間的に深みが出ていました。

あらためて卯月妙子さんは、根っからの表現者であり、それは天才的なのだと思いました。漫画大賞は残念ながら逃しましたが、読んだ人の心に残る作品です。
漫画の枠を超えて、卯月妙子という存在そのものに感動する作品です。今まで読んだ漫画で一番面白かった。ぜひお読み下さい。


久しぶりのおっぱい日記です。今まではGAS独自でスカウトしてきた女の子を専門に撮っていましたが、いい娘ならいいんじゃないかと、積極的に外部(プロダクション)にも目を向けるようになっています。3月発売「meruちゃん」、4月発売「風音りんちゃん」がプロダクション所属になります。

専属ではないのですが、すごい娘を撮りました。AV風俗未経験の女の子・ももい理乃ちゃんです。デビュー作(6月発売)になります。肌は白く、髪は黒く、張りのあるおっぱい102cm-Kカップ。あどけない顔の20歳です。
風俗経験がないため、明るい部屋でエッチしたことない、男性経験も少なく、パイズリ知らない、そもそもセックスは一年ぶり。初めての撮影は、ないないづくしでとても初々しかった。
ちなみに、写真は衣装合わせの時のものです。撮影の前なので表情がまだ硬いですね(笑)。

男優は大島丈などベテラン男優たち。彼女の良さが充分引き出されています。大島さんはやはり凄い。おっぱいの揉み方や見せる体勢など、女の子に気遣いながらしっかり感じさせ、こちらの思っていることをきちんと形にしてもらいました。ただいま編集中です。みっちり詰まった内容になりそうです。乞うご期待!
写真


JHVさんで、月本るいちゃんを撮らせていただきました。こちらもどうぞ。
http://www.alicejapan.co.jp/promotion/tsuki/fs.html

テーマ:AV女優紹介! - ジャンル:アダルト

大阪のお好み焼き屋に「イケメンはタダ」という張り紙があった。そこでお笑い系の男たちが行ってみた。しかし料金は取られ、タダにはならなかった。
次に韓流イケメンコンテスト優勝の男が行った。しかし料金はしっかり取られた。
番組の趣旨を説明し、どんなイケメンならタダになるのかおばちゃんに聞いてみた。「イケメン言うたらヨン様しかおらん。ヨン様しかタダにならへんよ」
その張り紙を見て、何人もの自称イケメンが挑戦し挫折したことでしょう。おばちゃんのこのあっけらかんとした図太さは大阪ならではだと思った。
以前から、大阪人は中国人に似ていると思っている。基本どちらも商売人なのだろうが、声のでかさ、自己主張する人々や街なかの看板など、どこか似ている。

その中国の鉄道で旅する番組NHK「中国縦断ふれあいの旅」(http://jca40.org/event/promote/journey/)を観た。中国の鉄道といえば、関口知宏。彼が日本の高校生たちと旅し、現地の中国人と触れ合う番組です。当時は尖閣諸島問題で中国国内が反日で荒れていた時期です。日中の関係悪化を苦慮し、番組制作がされたのかもしれません。
何箇所か旅した高校生たちに関口が質問します。高校生たちが口々に言うのは、「ゴミで町が汚い。綺麗にしてあげられないか」それを聞き、関口がムッとする。「そんなことじゃないでしょう。昨日、中国の家庭でごちそうになったよね。その時の肉料理覚えてる?飼っていた家畜だったよね。そこまでして歓迎してくれてるんだよ」
関口知宏、よくぞ言ってくれたと思った。日本の高校生の言う「町が汚い。綺麗にしたい」というのは上から目線。町が汚いなんて、どうでもいいでしょう、余計なお世話でもある。そんなことより、家族のような動物を殺生してまで歓迎してくれたことに対する感謝の気持ちがない。動物は食べるための生き物だと思っているかのようだ。彼らの親は、そんな子供に育ててしまったことを猛省してほしいと思う。関口は彼らを叱ってくれたけど、彼らは理解出来てないかもしれない。おそらく彼らの親も高校生の子供と同じことを言うのだろうと想像できてしまう。
関口知宏は宿題を出します。「この旅で受け止めたことを形にする」。日中の高校生たちは、紛争がなくなることを願って「地球パスポート」を作って番組は終わりますが、もうちょっとこの番組、どうにかならなかったのかなあ。小学生じゃないんだから。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

明けましておめでとうございます。

ずっとデフレが続いていますが、政権が変わりました。まずは景気回復に期待したいと思います。

自分の、昨年の正月のブログを読んでいて、なんて進歩してないんだろうと思います(笑。唯一進歩したのは、海外の通販に決算サイトを導入したことくらいでしょうか。これで海外からのご注文が増えました。
10年越しの映画は越年しました。今年には必ず!

シネマユニット・ガスは昭和63年に設立したので今年で25年になります。初めは下請けの制作会社でした。当時はレンタルビデオメーカーだけで、ちょうどバブルの真っ最中でした。レンタルだから、面白ければハズレも許されていた時代です。GASは面白いドキュメントが売りの会社になります。少しして、いまは映画監督となって『監督失格』を作り上げた平野勝之さんが社員になります。ハチャメチャなものばかり撮っていましたが、時代は変わります。
AVはレンタルからセルに移っていきます。レンタルでは許されたハズレは許されなくなっていきます。面白いAVは必要とされなくなっていきます。
そこで始めたのが爆乳です。それ以前から趣味のように撮っていた(で、なおかつ著作権もあった)爆乳をメインに考えたのが、現在のGASの原点です。2004年のことです。
爆乳だけを撮り続けてもう9年です。もうちょっと頑張ろうと思います。
自分としては今年はスカウトの年にしたいと思います。

皆さんにつきましても、良い年でありますように。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記 all rights reserved.
プロフィール

AkiraTakatsuki

Author:AkiraTakatsuki
シネマ・ユニットガス

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。